愛は強い

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

昨日、新しいワークショプ「ハート・マジック」が始まりました。

自らの神聖さに目覚め、常にスピリットとともにあることで、
インスピレーションを受け取り、マジカルな人生を楽しむためのワークショップです。

そのためのベースとして「感じる基礎」から始めました。
驚くほどみんな「感じる基礎」ができていて、これからの成長がとても楽しみな
スタートとなりました。

そんな参加者ですが、いろいろな課題・チャレンジを持ってこのワークショップ
に来てくれました。

「ジャッジされるのが怖い。だから逆にジャッジをしてしまう」
「周りの存在が怖い」
「相手に気を遣いすぎてしまう」

こういう個人の課題が、一人のものだけでなく、多くの参加者にも共通するもので、
自己紹介をするなかで、こういう課題・チャレンジの表明に、参加者のなかから
共感のエネルギーが生まれてきました。

最初からこういうシェアする共感のエネルギーができているのが、にしきにとっても
とても心地よいものです。

にしきから見ると、参加者が学ぼうとしているのは、「自分のエネルギーの適切な管理
の方法」です。

自分のエネルギーを管理できるのは【自分】です。

原則的には、相手にどんなひどいことをされても、それをあなたが受け入れないで
自分のエネルギーの中心にあり続ければ、それに影響されることはありません。

「誰かに陰口を言われているのに気づいた。そのため悲しい気分になった」

このとき「悲しい気分」を作り出したのは誰でしょう。

「陰口を言った誰か」でしょうか。
それを聞いた「あなた」でしょうか。

答えは明らかですよね。

悲しい気分を作り出したのは、【あなた】です。
あなたが「悲しい気分になるぞ」と感情を選択したから、悲しい気分になるのです。
決して、「誰か」の責任ではありません。
「悲しい気分を選択しない」というのも完全に可能です。
【あなた】が「悲しい」というエネルギーの状態を選んでいるのです。

自分のエネルギーは自分で管理しているし、そのエネルギーの状態は【あなた】の
責任です。

そして、自分のエネルギーの理想的な状態は、

【自分のエネルギーを自分がしっかり所有していて、
そのエネルギーにはっきりした健全な境界があること】

です。

思考が過去や未来にふらふらしていたり、白昼夢状態ではなく、意識の焦点がしっかりと
自分の中心にある状態が理想
です。

不健全なエネルギー

しかし、実際にはこういう理想状態でエネルギーを管理できている人は少ないです。
こういう例があります。

「親や子どもと自分のエネルギーが混じり合って、【自分】という境界がなく、
相手のことを自分で背負っている(依存)・・・」

「周りの世話ばかり焼いて、自分が後回しで、自分のために使うエネルギーが
残っていない・・・」

「家族への罪悪感から、外で楽しむことができない。家族のことが気になって、思考が
家族の元に戻ってしまう・・・」

などのエネルギーの状態の方が多々見られます。

こういう状態はエネルギー的には不健全で、スピリチュアルな成長の妨げとなります。

ここにあるのは、

「相手のことは自分がなんとかしてあげなくちゃいけない」
「周りに気を遣っていないと自分には価値がないし、好かれない」
「家族が家にいるのに、自分がほかのことで楽しんではいけない」

という信念や思い込みだったりします。

こういう信念を手放して、行動を変え、自分のエネルギーを健全な状態にしたい・・・
というのが、ワークショップ参加者の隠れた参加動機なのかもしれない、と感じています。

愛は強い

また、「周りのエネルギーから自分のエネルギーを守りたい」という発想を持って
いる人も多くいます。

自分の周りに城壁を張り巡らせて、ほかの人が侵入できないようにすることで、
自分を守ろうと思っているのです。

しかし、この状態もエネルギー的には超不健全で、こういう考え方では
自分を守ることはできません。

守るどころか、あなた自身のエネルギーを枯渇させて、病気になってしまいます
「自分を守らなきゃ」と思って城壁を築くことで、ほとんど死んだように生きている人は
たくさんいます。

「心の壁はあなたを守らない」に書いたとおりです。

波動的に考えても、「怖いから、守らなきゃ」と自分を小さくしてしまうと、逆に
周りからつけこまれてしまいます

守ろうとすればするほど、あなたは攻撃を受けているのを感じるでしょう。
それは当然で、「怖い」という波動を持てば、「怖い」と感じるような出来事が
増えてきて、周りからすごく攻撃されているように感じてしまい、ますます
怖がるようになります。

なので、「自分を守らなきゃ」という発想では自分を守ることはできないんです。
これは普通の発想と違うところです。

だから、気分良く毎日過ごしたいなら、【怖がらないこと】です。

自分のなかに「強さ」を持つことです。

その強さは「愛の強さ」です。

もし「自分を守る」ということがあるなら、あなたが愛の状態にあるとき、
あなたは一番強いのです。

【愛は強い】のですよ。

そんなふうに思えない?

スピリチュアルに興味ある人でも誤解しているのがここです。

愛は「癒し」でもあるけれど、「強さ」や「パワー」でもあるのです。

「強さ」や「パワー」を「攻撃」と混同しないでください
僕たちが愛に見ているのは「強さ」です。攻撃ではありません。

大天使ミカエルは愛の存在だけど、正義の剣で執着を断ち切ったり、
不要なエネルギーからあなたを守ってくれます。
その力はとってもパワフルで強いです。

「愛の強さ」って、大天使ミカエルのようなものです。

子どもを愛する母親は、子どもを助けるためなら、
何トンもある車を持ち上げたりするじゃないですか。

これも「愛の強さ」です。

また、愛を自分のなかに持っていれば、周りが何を言おうとも自分の道を進んでいけます。

これも「愛の強さ」です。

もしかすると、あなたは自分を「弱い」と感じているかもしれません。

しかし、真実はあなたは愛で、【愛は強い】のです。

自分のなかに「愛の強さ」を持ってください。
愛の強さは、「自分を守る必要はない」「自分が傷つくことはない」
と知っています

「傷ついた」と感じるなら、それはあなたが選択して、そういう状態に自分を置いて
自分を犠牲者にして、人生の責任逃れをしている。
不健全なエネルギーの使い方の一つです。

愛はそんなヤワなものではありません。

というか、宇宙で最も強いものです。

今のあなたに必要なのは「愛は強い」というのを知り、それを身につけることです。

ジャッジはいらない。
すべては愛でいいのです。

■オンラインコース「30日で本当の自分と出会う方法」
http://online.attraction-method.net/30days_bosyu/