人生はいつも「見切り発車」

By |2013年12月15日|願望|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリスト にしきです。 ちなみに、にしきの肩書きは「うちゅうのほうそくえばんじぇりすと」です。 「えばんじぇりすと」ではありません。 「えばんじぇりすと」だけだと、何を伝える人か、わからないですよね。 にしきの場合、「宇宙の法則」を伝える人なので、「うちゅうのほうそくえばん じぇりすと」といっています。 なぜか省略されて広がっているみたいなので、正確にお願いします! 今みたら、Gooogleで「エバンジェリスト」を検索すると、検索候補に「エバンジェリストにしき」 ってのがあります。違うのに・・・(涙) 人生には「見切り発車」しかない さて、今日のテーマは、「人生はいつも『見切り発車』」。 「見切り発車」って、普通いい意味では使われません。 議論や準備が十分に尽くされないうちに、決定したりすることを 「見切り発車」って言いますよね。 そのせいかもしれませんが、「人生も究極の目的や意味が見つかるまで、 てこでも動かないぞ!」と思っている人が結構いるみたいなんです。 例えば、 「なぜ、今回、私は生まれたのか?」 「今回生きる意味とは?」 「人生で究極に実現すべきこととは?」 なんてことがわからないと、動きませーんというのを決め込んでいる方。 いませんか? あんまり哲学的に究極の問いをしてしまうと、人生、つまらなくなりますよ! 願望もそうです。 「今世で実現する、究極の願望を見つけたい!」 [...]