ポジティブとネガティブは同じ

By |2013年11月27日|引き寄せの法則|

  ■ 「引き寄せの法則」に興味がある人のなかには、 歳末の福引きのように、福が転がり込んでくればいいな~と正直思っている人も多い かもしれません。 こいういう「福」をたくさん積み重ねていけば、幸福になれる、という考えです。 この考えはまったく普通です。誰でも常識でそう思います。 この普通の常識で、「引き寄せの法則」にかかわると、まず思うのは、 「いいことを増やしたい」「いいことをもっと経験したい」ということ。 そのため、一生懸命、自分の考えや感情をポジティブにしようとします。 「いいことを思えば、いいことが起こる。だから、悪いことは考えちゃいけない」 そう思い込んでいるのです。これはもう「引き寄せの法則の都市伝説」です。 だから、心のなかはイライラ、むかむかしているときでも、なんとかそれを 変えようとする。結局、自分の感情にフタをしたり、問題を見て見ぬふりして しまうことになります。で、心が非常に疲れてしまう。 初めて「引き寄せの法則」に触れる人、そして、何年も「引き寄せの法則」を 聞きかじっている人でも、こういう理解をしていることが多いです。 そこにあるのは、冒頭にあった「福を増やしたい」「災いはいらない」という ごく常識の考えです。 しかし、ここに大きな問題があるんです! そしてそれが、あなたの人生が幸せにならない原因でもあるのです。 「ポジティブじゃなきゃ、引き寄せられない。だから、ネガティブなことは 考えちゃだめ」 これも同じです。 スピリチュアルをちょっとかじると、「光」だとか「愛」だとか「神」だとか [...]