会話は続きます。

にしき 「ある」と思ったら、欲しいという気持ちがなくなる。それはある意味
正解です。でも、それを「行動」や「意欲」に結びつけてしまうと間違いです。
人は「ある」と本当に思えると、安心して落ち着いて考えられます。リラックス
しています。アイデアがわいたり、行動の意欲が起こるのは、こういうリラックス
した状態です。
確かに、常識の世界では欠落を埋めるために何かをしているのでしょう。そう
なると、リラックスとは真逆の世界、「頑張らないといけない」という世界に
入ってきます。いつも緊張していて、人生を楽しむどころではありません。結局
それは「人生はつらい」「人生を楽しんじゃいけない」という人生観に基づいて
いるんです。「自分はまだダメだ。だから頑張るんだ」・・・そういう人間観は
よく見られます。ダメなところ、足りないところを付け加えるのが人生、という
考え方です。
そう思っていたら、まさにそのとおり、人生はつらい出来事の連続になります。
修行の世界ですね。いつもまだないものを見ていたら、不安になるし、ストレスです。
それを成し遂げる超人的な力に賞賛が集まる世界です。
でもそうじゃない世界も存在するんです。それが宇宙の法則や真実の引き寄せの
法則に基づく世界です。それは、既にあるものにフォーカスを合わせます。既に
あるものを大切にし、それを探して気づいていきます。人生が「すべてはうまく
いっている」大きな流れの一部であることを信頼します。今の自分に素晴らしさを
認め、そこからさらに素晴らしい自分になろうとするのです。

いい気分 確かに今までは自分が持っていないものを持とうとしたり、自分に足
りないところばかり気にして、イライラしていました。誰かが成功したと聞けば
「そんなのたいしたことないよ」なんて否定して、素直に喜んであげることがで
きなかった。周りの人を思いやるどころか、生き抜くことに一生懸命で、そんな
余裕もなかったかな・・・

にしき そうだと思いますよ。それが常識の世界ですよね。「自分さえよければ
いい」と思っていなくても、常識の世界のルールは「自分さえよければいい」
というものなので、そのルールに染まらざるを得ないのです。そして、弱肉強食
の世界を生きることになるんです。そして気づけば、自分のことだけで精いっぱい
だし、ないところなかり見て、自分を叱咤激励するので、自分の内面はストレス
まみれで、幸せとはほど遠いのです。

いい気分 そうだな・・・仕事や人間関係でも「なんでうまくいかないんだ」
「どうしてこんなことが起こるんだ」と思ってイライラばかりだもんな。こう
いう心の習慣を変えたいものです。

にしき それが「あるを見る」ということです。「満足から成長」することです。
素晴らしい自分をさらに磨いてさらに素晴らしいものにする感じです。

いい気分 これまでは「ない」ばかり見ていたけれど、「ある」を見ながら
さらに成長することもあるのかもしれませんね。まだ、どうしていいか、よく
わからないけれど。

にしき 「あるを見る世界」が存在することに気づき、知ることがまずは大事
なんですよ。知らなかったら、それは選べないでしょ? あとは実際にその考えを
実践するだけです。

いい気分 でも、そんなに楽していいのかな? だらけてしまいそうで。

にしき おっと、もう逆戻りですか? そんなに苦しい世界が恋しい?

いい気分 いやなんだか、成長を感じられない気がして・・・

にしき 大丈夫です。やってみれば、楽しく成長することもアリなんだとわかりますから。
だってちょっと考えてみてください。イライラしたり、悲観したり、怒ったり、
人生を呪ったり、過去を悔やんだりして、何か変わりますか? 変わらないですよね。
人生が変わると思えたり、あなたが目指す幸せな世界に近づくならいいけれど、
そこから遠くなるだけですよね。だったらもうそういう癖はやらなくていいんじゃない?
イライラとか悲観とか心配とか、そういう心の癖をやめたら、人生はとっても楽で
楽しくなりますよ。幸せだなと思えてきますよ。幸せになると、やる気が起きて、
何かやりたくなります。そういうときに本当の願望が見えてくるかもしれませんよ。

いい気分 そうですね、もうそういう心の癖はやめてもいいですよね。でも不本意な
出来事が起こっているのにイライラするのをやめたら、人生の喜怒哀楽がなくなる
気がして、ちょっと寂しい気がします。笑って泣いて怒って・・・そういう人生
じゃいけないんですか?

にしき また「いけない」って聞いていますね。「いけない」という禁止事項は
宇宙にないんです。誰かがそう思っているだけ。「いけない」って言葉は使わない
ほうがいいね。あなたが思って決めたら、なんでもOKなんです。あなたの人生なの
ですから。
そして喜怒哀楽がなくなるというけれど、そんなことないですよ。もちろん、
怒りたかったら怒っていいし、悲しくなったら悲しんでいい。でも、その感情さえ
コントロールできるのです。今までのように、思わぬ出来事が起こったら困惑して
イライラするのではなく、そういうときでさえ、うまくいっていることを知る。
そしてちょっとリラックスする。「宇宙の采配なんだから、人智を越えた意味が
あるから、あの出来事はあれでいいんだな」と思えばいいんです。
「引き寄せの法則」を実践したって、思わぬ出来事は起こります。それが地球の
姿だから。それにいちいち反応しないことです。自分にしっかり焦点を当てる
ことです。そうすれば、いい気分さんのエネルギーが整ってきます。整えば、
あなたの意図に沿った出来事が起こってきます。こういう仕組みなんです。

いい気分 そうですね、これまではいい出来事が起こればいい気分でいられたけど、
希望に添わない出来事が起これば、イライラしたり、落ち込んだり、いろいろ
やっていました。これをちょっと変えて、すべてのことのなかに「ある」を見て、
うまくいっていると思えばいいんですね・・・ちょっと難しいかもしれないけれど
やってみる価値はありそうです。

にしき そうです。今の自分を否定したり、「変えなきゃ」「引き寄せなきゃ」と
思うのではなく、今の自分をしっかり認めてあげてください。何が起ころうが、
それはそれ。動揺するのではなく、「うまくいっているな~」と思ってください。
宇宙はあなたの顕在意識だけで動くのではありません。宇宙があなたを助けて
くれることを知ると、人生、楽でいいんだと思えてきますよ。

(続く)

■引き寄せの法則マスターセミナーDVD完全パック
http://www.attraction-method.com/hikiyosemasterdvd/