インビテーション

ステージ1の理解「引き寄せる!」

皆さんの「引き寄せの法則」のイメージってどんなものでしょう。

「強く願えなんでも叶う?」
「願望実現の方法?」
「幸せになる方法?」
「どこからか、モノを引っ張ってくる方法?」
「何かを手に入れる方法?」
「自分の思いを実現する方法?」
「自分の思ったように世界をコントロールする方法?」
「ポジティブ思考?」

いずれも、「引き寄せの法則」のイメージではあります。
そこになんらかの意味はあります。

しかし、にしきがお伝えしている「引き寄せの法則」は、
世間やWebで多く見つかるもののイメージとはまったく違います。

にしきの「引き寄せの法則」は、

「ステージ1からステージ2への意識の成長」

としてお伝えしています。これがほかのメソッドとの違いになります。

「僕たちが経験する現実は、僕たちの波動に共鳴するものである」

これは間違いありません。

つまり、あなたが自分の波動を変えれば、経験する現実も変わってくる。

そのとおりです!
僕たちの思いや意図が、現実に何か影響を与えるのはまさしく正解です。

この「意図の力」に注目するのが、多くの「引き寄せの法則」の内実です。

「電車の席に座れる!」などというのも意図の実践ですね。

意図は自分の思いのことなので、誰でもわかりやすい。
なので、多くの「引き寄せの法則」は意図だけにとどまっています
「引き寄せの法則」は「宇宙の法則」なのに、宇宙が出てこないのです。

そのため、「強く願えば叶う」というような都市伝説が生まれてきました。
これまで何度も指摘したように、強く願うかどうかは本質的ではなく、
それよりも本質的なのはあなたの波動です。

いずれにせよ、意図を中心に「引き寄せの法則」を理解する方法があります。
これを、「ステージ1の理解」とよんでおきましょう。

「引き寄せの法則」を初めて知って、「~を引き寄せるぞ!」なんて思って
「ワクワクしています」というときは、ステージ1での理解です。

「ザ・シークレット」や多くの「引き寄せの法則」はこのステージでの理解だと
思って間違いありません。

ステージ2の理解「委ねる」

これに対して、ステージ2の理解もあります。

ステージ1の理解は、「私」「意図」「願い」がキーワードです。

ところが、ステージ2での理解は、「宇宙」「宇宙の計画、シナリオ」「委ねる」
「使命」がキーワードになってきます。

意識の状態も、ステージ1と2では異なります。

ステージ1:エゴ
ステージ2:スピリット、「本当の自分」

ここでエゴとは、「自分勝手」「わがまま」「自己中心的」という意味ではなくて、
知性のこと、損得勘定で物事をジャッジする意識のあり方のことです。

つまり僕たちはこの三次元世界では多くの時間をエゴで過ごしていると思って
間違いありません。

しかし、僕たちはエゴで生きるしかないのではありません。
エゴを超えた意識も僕たちは持っています。
それがスピリットとか「本当の自分」というものです。
「曇ることのない光としてのあなた」といってもいいと思います。

光としてのあなた、「本当の自分」は、生まれることも死ぬこともなく、
常に「大いなるひとつの命」とつながっています。
この命のことをソース(源)とよびます。

僕たちは三次元に肉体を持って生きる人間としてエゴで生きると同時に、
形を持たない永遠の存在としてのスピリットとしても生きています。

生命力や創造力は、このスピリットや「本当の自分」、ソースにあります
決してエゴにはありません。

ですから、ステージ1だけの理解では、あなたが思うような現実を創造することは
できないのです。

エゴに力はないのです。

あなたが願っても願っても、望むような現実を経験できないのは、
あなたがエゴの意識に終始しているからです。

むしろ「願っても願っても」とやっていることに問題があります
「何かを引き寄せなきゃ」と思っているあなたの意識に問題があるのです。
「何かを引き寄せれば幸せになれる」「今よりよくなれる」と思うことに
問題があるのです。

ステージ1では「よくなるために引き寄せてみよう」と当たり前に思えたことが、
ステージ2にくると問題として感じられるようになります。

つまり、「引き寄せの法則」を十分理解して、実践するためには、あなたが意識を高めて、
成長する必要があるのです。

ステージ1からステージ2へ

宇宙とつながっている自分を感じて、その自分が感じるように生きてみるのです。
それは「なんでも自分でやらなくちゃ」というエゴの意識とは異なるもので、
宇宙にガイドされる導かれるような生き方です。
リラックスして、ガイダンスを受け取る生き方です。

そのための方法が、「委ねる」です。
「本当の自分」に、宇宙の計画に、あなたを委ねていきます。

ちなみに、「委ねる」は日本語の語感とは少し異なります。
「委ねる」は英語のsurrenderのこと。
「降参」という意味ですが、負けちゃうようなニュアンスなので、これもまた微妙
なのですが、「委ねる」とは「大いなる力をあなたが受け入れている状態」だと
思うといいでしょう。
「宇宙や本当の自分とつながること」といってもいいでしょう。

にしきは、三次元世界で大切なことは「委ねる」ことだと思います。
だって、委ねていないと、何が本当の願望がわからないし、
ただのエゴで終わってしまうじゃないですか。
エゴは尽き果てることのない苦しみを生むだけですよね。

大いなる力であるソースに、あなたのすべてがあるのです。
あなたがこの世界で本当に実現すべきこと、ミッション。
本当に出会うべき人。
経験すべき豊かさ。
イキイキした感覚。
生かされているという感謝。

欠乏感と恐れでいっぱいのエゴの意識から、本当に満たされているスピリット、
「本当の自分」への意識へ。

あなたの成長をサポートし、スピリットの意識、宇宙とつながっている意識へと
お連れするのが、「引き寄せの法則アドバンスセミナー」です。

だから「このセミナーに出れば、何かすごいことを引き寄せられるかも、アド
バンスだし」というセミナーではありません(笑)。

第二期を終えた今、また素晴らしい成果を生み出しました。

悟りを得た人。
委ねていたら、IT企業の社長へヘッドハンティングされた方。
ひょんなことから、自分のライフワークが見つかった方。

もちろん、内部で繊細な自分の思いが変わって、外目にも成長を感じる方もいました。

今年の10月に開講する第三期アドバンスセミナーでも、きっと素晴らしい成長が
起こることでしょう。

第三期アドバンスセミナーの日程は以下のとおりです。

10月2日(水)
11月6日(水)
12月4日(水)
1月8日(水)
2月5日(水)
3月5日(水) 東京・青山にて

今度は、あなたが成長する番です。
さあ、準備はできていますか?

9月1日(日)に、アドバンスセミナーに先立ち、第二期修了生を招いて
「アドバンスへのインビテーション」を開催します。
そこで、アドバンスセミナーの内容をわかりやすくお伝えします。

修了生は体験者の立場から、アドバンスセミナーの魅力、そこでの体験を
存分に語ってくれると思います。

にしきも「引き寄せの法則」の理解について少し話します。
よしこさんも自分の観点からアドバンスセミナーについて説明してくれるでしょう。

参加費は1,500円(税込)
8月から9月へと月も変わるし、アドバンスセミナーに興味がある方はもちろん、
ツキを変えたい方、「引き寄せの法則」に興味がある方、成長に興味がある方、
覚醒に興味がある方、どんな方でも歓迎です。

にしき&よしこに会いたい方も大歓迎!

ぜひいらしてくださいね。

↓ アドバンスへのインビテーションはこちらからどうぞ ↓
http://www.attraction-method.com/invitation/

なお、「第三期引き寄せの法則アドバンスセミナー」の申し込みも
近日オープンする予定です。