ソニア・ショケットさんがサンチアゴ巡礼を完了

師の一人と仰ぐ存在のソニア・ショケットさんが、昨日、スペインの聖地、
サンチアゴ・デ・コンポステーラに到着しました。

Basílica_de_Santiago_02

34日をかけて歩き通したのです。

僕たちが去年行ったときは、前半はすごく暑く、中盤以降は息が白くなるほど
寒かったのですが、雨に降られることもなく、天気は良好でした。
ところが今年はとっても寒く、一日目のピレネー越えは雪だったそうです。
おまけに雨が多く、道はぬかるんで大変だったと思います。

そのなか、ついに大聖堂の前に到着しました。

「もう着いちゃった・・・」という、行ってみないとわからない不思議な感覚を
ソニアも感じたようです。

そんな自分にちょっと混乱しながらも、大聖堂のヤコブの柱を見るとき、
愛と感謝で一杯になります。

そして、巡礼者のための美しいミサ。

「どこそこから日本人○○人、アメリカ人○○人・・・」
などと、巡礼の到着が大聖堂に集まった人に告げられるのです。

そして、大聖堂や巡礼事務所での巡礼の友との再会。

僕たちがサンチアゴに到着したときの感覚とまったく同じなので、
こちらも万感の思いが湧いてきます。

ソニアの旅は、天使に守られながらの巡礼。
僕たちも、巡礼路でたくさんの天使のような美しい人々に会いました。

英語が読める方は、彼女のFacebookページに詳細が書かれているので、
どうぞご覧になってください。

http://www.facebook.com/TrustYourVibes?fref=ts

おまけの動画です。
僕らがサンチアゴに到着して最後の晩に撮った動画があります。
大聖堂前の広場に座って、しみじみ旅を思い返しています。

バールでいい気分になっていますが、サンチアゴの歓喜がよく伝わってきます。
ご覧になってくださいね。

人生は巡礼

「人生は旅」とはよく言いますが、にしきは「人生は巡礼」だと思っています。
何かを所有するためでもなく、何かを成し遂げるためでもなく、
神聖なるものに向かってただ歩くこと
それが人生だと思います。

「僕の家は、でっかい大空の下のどこにでもある」

そんな感覚で生きたいと思っています。

マチュピチュへの巡礼

今年も次なる巡礼の時期がやってきました。
次は7月中旬にペルーへ行きます。
マチュピチュをはじめ、ペルーの聖地を巡ってきます。

マチュピチュ

「マチュピチュ」が出てきたのは、「現実創造の法則」にも収録している
ワークシートを「繁栄塾」でやったときのことです。
今年の2月ぐらいだったかな?

ここで最初に呼ばれていることに気づきました。

そして、ペルーで会いたい人を人づてでつながろうとしたら、
友達がその人と仲良しであることが判明。
その日のうちにつながってしまいました。
必要なものは既に与えられている!

天使のご加護というか、宇宙のサポートというか、
呼ばれていることを感じざるを得ません。

なので楽しんで行ってきます。

ペルーから神聖なエネルギーを遠隔で送るヒーリングも予定しています。

どうぞお楽しみに。

身近な巡礼路へぜひ

日本にも熊野古道四国巡礼のような巡礼路が整備されています。
日本人にとって、巡礼はとっても身近な存在でした。
そのDNAはあなたのなかにもあるはず。
熊野古道は2日間が歩き通せて、初心者にも気軽に参加できます。
そして、気づきも多いはず。
お金や時間を捨て去って巡礼してみると、人生の転機になるでしょう。

なので、ぜひ巡礼に行ってみてください。
得るものが必ずありますよ。