このところ、お金に関するコメント、メール、質問が増えているのを感じています。
ほんとに、お金に困っているのですね。
そういう方は、間違いなく自分に枠をはめてしまっています。

「自分はこういうもの」というガッチガチの枠で自分を縛っています

首かせ、手かせ、足かせをはめているイメージです。
おまけに鉄の重い重しを引きずっています。

でも本人は自分で自分に枠をはめているのさえ気づいていない。
囚人のような状態に慣れてしまっているのです。

「ほら、牢獄の扉は開いているよ、出ておいで。自由になっていいんだよ」
と言っても、なんのことかわかりません。

「え、だってここがオレのすみかだよ。ほかに行くところなんてないんだよ」

こう言って、ずっとそこにとどまっています。

でも夜になると、牢獄の硬いベッドの上で、「痛い・・・眠れない・・・苦しい」と
もがいているのです。

お金に困っている人がやっているのは、おおむねこんなことです。

心のなかに「ガッチガチの枠」があるから、そうでない自分を想像できないのです。

ですから、牢獄を抜け出すにはこの「ガッチガチの枠」をたたき壊す必要があります

6月30日に大阪でお金に関するこんなセミナーをやろうと思っています。
西日本の方は、予定をあけておいてくださいね。

■こちらもどうぞ「お金と恋愛パートナーシップの真実」
http://www.reservestock.jp/events/14995