Monthly Archives: 6月 2013

//6月

引き寄せは遊び

By |2013年6月28日|引き寄せの法則|

前回「引き寄せの法則の功罪」という記事を書きました。 なかには自分と自分が大好きな「引き寄せの法則」が否定されたように感じる方が いるかもしれません。 そういうことではないんです。 「引き寄せの法則」の悪い点をいくつか挙げましたが、まさにその意識で 「引き寄せの法則」に期待をしている人がいてもいいんです。 それは個人の意識のステージですから、最初はそれでもいいんです。 大切なのは、「モノを引き寄せれば幸せになれる」というような意識に とどまらないことです。 「引き寄せの法則」の本質をさらに知り、意識を深め、拡大し、それを体験することです。 ゴールは先にあります・・・というか、あなたの目の前にあります。 今のあなたは、未来(存在しないですよね)ばかりを気にしたり、「自分から遠く にいいものがある」と思い込んでしまう思考のパターンを持っているかもしれません。 これから起こること、未来に気を取られて、目の前に素晴らしいものがもうあることに まったく気づかないのです。 これが「いわゆる引き寄せの法則」の不幸なのです。 しかし、それは「引き寄せの法則」の誤解にすぎません。 「引き寄せの法則」をちゃんと理解すれば、「モノを引き寄せれば幸せになれる」 というような意識から離れることができます。 これが大切です。 大切なのは、あなたが意識を変えること、拡大することです。 外側にあるモノや時間があなたに攻め寄せてくるような緊張のあるエゴの感じ方・ 考え方を捨てて、真実に目覚めることです。 真実はどこにあるでしょう。 あなたの目の前に、あなたの内側にいつでもあります。 [...]

引き寄せの法則の功罪

By |2013年6月26日|引き寄せの法則|

引き寄せの法則の功罪。 「引き寄せの法則」にはいい点と悪い点があると思います。 それを知ってかかわることが、あなたの人生を豊かにします ここでまとめておきましょう。 まずは悪い点から。 ・モノを引き寄せれば幸せになれるという誤解を広げてしまった ・外側に目を向けさせ、自分の内側を見る大切さを失わせてしまった ・人生を思い通りにしたいというエゴを拡大させてしまった ・新たな執着を生んでしまった ・いい/悪いというジャッジを強めてしまった 説明しましょう。 モノを引き寄せれば幸せになれるという誤解を広げてしまった 特に導入期の引き寄せの法則はこの傾向が強く、今にも影響しています。 お金、パートナー、家、アクセサリーなど、「思ったことが実現する」と 宣伝されたため、モノさえそばにあれば幸せになれる という誤解を多くの人に持たせた。大切なのはモノがあなたを幸せにする ことはないことを知ることです。 外側に目を向けさせ、自分の内側を見る大切さを失わせてしまった これもほとんど同じですが、「引き寄せの法則」を浅く理解していると、 目が外側を向いてしまいます。引き寄せるべきモノに目がいってしまうの です。大切なのは、あなたの内側です。それを知らずに、引き寄せることは そもそもできません。 人生を思い通りにしたいというエゴを拡大させてしまった エゴという限定された意識は、常に恐れています。だから現実がうまくいって いないように見えてしまうのですが、「引き寄せの法則」が「思ったことは実現 [...]

よくなろうと思わない

By |2013年6月23日|引き寄せの法則|

自己啓発やスピリチュアルで大切なことが一つあります。 それは、 「よくなろう」と思わない ことです。 だって、地球は遊び場ですよね。 遊んでいるだけなのに、そこであまりにマジになってしまうと、遊びでなくなって しまいます。 人生はただの遊びなんです。 楽しめばいいんです。 なのに・・・ よくなろうとすると、その瞬間から遊びであることを忘れてしまいます。 そして、違う遊びを始めてしまいます。 それは「問題探し遊び」です。 自分の周りに起こる出来事に対して「問題メガネ」というメガネをかけることで、 すべてを「問題」として見る遊びです。 「私や私の周りには問題がある。私はよくない。だからそれを解決して、 よくならないといけない」 でも、多くの人は、「問題探し遊び」をしていることに気づきません。 「これが現実だ、これが世の中だ」と思い込んで、せっせと「問題」を自分で 作り上げます。 そしてその世界には「問題」から出口はありません。 だって、あなたがすべてのことに「問題」というレッテルを貼ってしまうから、 いつまでたっても「問題」はなくならないのです。 確かに、「問題」があると、緊張したり、ドキドキしたり、不安になったりして、 感情の起伏が起こります。 [...]

マチュピチュへの巡礼

By |2013年6月20日|巡礼|

ソニア・ショケットさんがサンチアゴ巡礼を完了 師の一人と仰ぐ存在のソニア・ショケットさんが、昨日、スペインの聖地、 サンチアゴ・デ・コンポステーラに到着しました。 34日をかけて歩き通したのです。 僕たちが去年行ったときは、前半はすごく暑く、中盤以降は息が白くなるほど 寒かったのですが、雨に降られることもなく、天気は良好でした。 ところが今年はとっても寒く、一日目のピレネー越えは雪だったそうです。 おまけに雨が多く、道はぬかるんで大変だったと思います。 そのなか、ついに大聖堂の前に到着しました。 「もう着いちゃった・・・」という、行ってみないとわからない不思議な感覚を ソニアも感じたようです。 そんな自分にちょっと混乱しながらも、大聖堂のヤコブの柱を見るとき、 愛と感謝で一杯になります。 そして、巡礼者のための美しいミサ。 「どこそこから日本人○○人、アメリカ人○○人・・・」 などと、巡礼の到着が大聖堂に集まった人に告げられるのです。 そして、大聖堂や巡礼事務所での巡礼の友との再会。 僕たちがサンチアゴに到着したときの感覚とまったく同じなので、 こちらも万感の思いが湧いてきます。 ソニアの旅は、天使に守られながらの巡礼。 僕たちも、巡礼路でたくさんの天使のような美しい人々に会いました。 英語が読める方は、彼女のFacebookページに詳細が書かれているので、 どうぞご覧になってください。 http://www.facebook.com/TrustYourVibes?fref=ts おまけの動画です。 [...]

お金と時間を捨てると見えてくるもの

By |2013年6月18日|お金|

LAのお友達のみえ(Mie De La Torre)さんが電子出版をされたので、ご案内します。 「自愛メソッド」のとんとんこと河合政実さんが、2008年に心臓病で緊急入院したとき、 とんとんさんの病床に一枚の絵が飾ってあったのです。 その絵を描いたのが、みえさんでした。 僕らのLAでの講演会の主催をされたのも、みえさんです。 LAを中心にスピリチュアルな活動を続けてきたみえさんですが、 あるとき、雷のようなインスピレーションが入ってきました。 そして、つかれたように書き上げたのが、本作「レベル3」です。 「レベル3」が描くのは、地球崩壊後の世界。 崩壊後の人類は、4つのパラレルワールドに移行することを選択します。 タイトルとなっている「レベル3」は、愛に満ちあふれ、奉仕の精神で生きている世界。 そこに貨幣制度もないので、争いの概念はなく、みんな調和をとりながら平和に 暮らしています。 ところが、今の地球とそっくりな「レベル2」という世界もあります。 そこは国もあるし、人種もあります。潜在的に争いが絶えず、非常に危険な世界です。 あるとき、この「レベル2」から「レベル3」に「次元の窓」ができてしまいます。 この「次元の窓」を通って、レベル2から戦士たちが「レベル3」に乱入。 惨劇が起こります。 この危機を救うため、ヒーラーの少女がひとり立ち向かう・・・ そこにあるさまざまな形の愛を本作は描いています。 にしきはこの本を事前に読む機会があったのですが、良質の映画を見ているような 感覚を持ちました。 [...]

地球で一番大切なことは?

By |2013年6月13日|セミナー, |

地球で番大切なこと・・・それはお金を稼ぐことでも、何かをやり遂げることでも、 有名になることでも、すてきなパートナーを見つけることでもありません。 地球で一番大切なこと・・・それは「仲間」や「友達」を経験することです。 きのう、「引き寄せの法則アドバンスセミナー」(第二期)が終了しました。 20人もの仲間が卒業しました。 瞑想や呼吸法、セルフチャネリングなどの技法をマスターし、 本当の自分としてのスピリットにつながることを旨とした6ヵ月。 家族やお仕事、そして気づきを得て、それぞれが大きな変化を経験しました。 悟りといっても過言ではない経験をした方もいます。 自らの深いところにあるブロックに気づいて、それを手放そうとしている人もいます。 いずれにせよ、その方に最高最善の出来事が起こっていて、みんな大きく成長して いるのを感じます。 連続セミナーのいいところは、こういう成長を実感できることです。 第二期アドバンスセミナーでは何が起こったのか。 それを、「アドバンスへのインビテーション」という説明会の形で皆さんにお伝えしたい と思います(7月初旬を予定)。 その前に、6月末には「繁栄塾」(第二期)の募集を開始します(8月開講予定)。 スピリチュアリティの本質にかかわって成長しようとするか、 お金を媒体にスピリチュアルに成長しようとするか、 そんな違いです。 「成長したい!」という方はぜひ心の準備をしておいてくださいね。 地球で一番大切なことは「仲間」 こうした学びのプロセスで何かを身につけます。 それも素晴らしいことですが、 なお一層素晴らしいのは、学びの過程で「仲間」に出会えることです。 [...]

ハートからの願望が実現する~「現実創造の法則」

By |2013年6月11日|オンラインコース, 引き寄せの法則|

叶う願望は、「ハートからの願望」です。 今まであなたに叶わなかった願望があるとすれば、それはあなたのハートには なかったものだからです。 頭にはあったのでしょうけれど、頭で考えたことには願望実現の力がありません。 だってこう思っているでしょう? 「今、自分には○○がない」 「だから、○○を持ちたい、経験したい!」 この願望はもともと「○○がない」という「欠乏の波動」でスタートしているので、 実現するのが非常に難しいのです。 「引き寄せの法則」でも「願望が既にあることに気づく必要がある」といいますが、 これではそれに気づくはずもありません。 だって「ない」って思っているんだから。 ここで堂々めぐりの始まりです。 「ないから欲しい」→「あることに気づく必要がある」→「でもやはりない」 →「欲しい」・・・ 結局、願いは実現しません。 あなたが発見するのを待っている願望 しかし・・・・ あなたのなかに「あるもの」に目を向ければ、願望を実現するのは非常に楽です。 それが「ギフト」です。 僕たちは、このギフトとともにこの地球に生まれてきます。 だから誰でもギフトを持っています。 ただそれに気づいていない人は多いでしょう。 もったいないことです。 あなたのなかには、ギフトが眠っていて、あなたが発見するのを待っています。 [...]

「豊かになるマインドセット」

By |2013年6月7日|お金, セミナー|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 6月30日(日)に大阪で行うセミナー「豊かになるマインドセット」のご案内です。 「豊かになるマインドセット」 日時:2013年6月30日(日)13:20~16:40 場所:ドーンセンター 4F 大会議室1 参加費:6,500円(税込) 「お金を稼ぐのがストレス」 「お金に関して心配が止まらない」 「お金に支配されてしまっている」 「なぜかお金とうまくつきあえない」 一生懸命働いても、本を読んだり、セミナーに出たりしても、 お金に関する状況はなかなか改善されない・・・そういう方は多いと思います。 それには理由があります。 あなたにはお金に関する「ガッチガチの枠組み」があるのです。 その考え方は、「お金はもらうもの、節約、貯蓄、借金」というもの。 この枠組みのなかにいたら、お金がストレスになるのは当然です。 豊かさだって、感じられるはずはありません。 ストレスなので、お金にかかわりたくなくなります。 一方、それとは別に、「豊かになるマインドセット」も存在します。 これはガッチガチの枠組みとはまったく違っています。 もっと気楽で、楽しくお金とかかわれる考え方です。 ストレスなくお金とつきたいと思いませんか? なお、今回で大阪での単発のセミナーは一応の区切りとしたいと思います。 2008年からずっと続けてきましたが、僕のステージの変化もあり、 講演形式のセミナーは手放すときが来たと思っています。 [...]

ガッチガチの枠

By |2013年6月3日|セミナー|

このところ、お金に関するコメント、メール、質問が増えているのを感じています。 ほんとに、お金に困っているのですね。 そういう方は、間違いなく自分に枠をはめてしまっています。 「自分はこういうもの」というガッチガチの枠で自分を縛っています。 首かせ、手かせ、足かせをはめているイメージです。 おまけに鉄の重い重しを引きずっています。 でも本人は自分で自分に枠をはめているのさえ気づいていない。 囚人のような状態に慣れてしまっているのです。 「ほら、牢獄の扉は開いているよ、出ておいで。自由になっていいんだよ」 と言っても、なんのことかわかりません。 「え、だってここがオレのすみかだよ。ほかに行くところなんてないんだよ」 こう言って、ずっとそこにとどまっています。 でも夜になると、牢獄の硬いベッドの上で、「痛い・・・眠れない・・・苦しい」と もがいているのです。 お金に困っている人がやっているのは、おおむねこんなことです。 心のなかに「ガッチガチの枠」があるから、そうでない自分を想像できないのです。 ですから、牢獄を抜け出すにはこの「ガッチガチの枠」をたたき壊す必要があります。 6月30日に大阪でお金に関するこんなセミナーをやろうと思っています。 西日本の方は、予定をあけておいてくださいね。 ■こちらもどうぞ「お金と恋愛パートナーシップの真実」 http://www.reservestock.jp/events/14995

ほかの記事