罪悪感が生むネガティブスパイラルからの脱出

罪悪感が生むネガティブスパイラルからの脱出

罪悪感

「許せない」と「罪悪感」

「変わりたいの落とし穴」を書いたことで、読者のなかに波動の揺れが生じたようです。

そのさい、コメントによくあったのは、

「相手を許せないのではなく、自分を許せないんだ」

という言葉です。
ここに読者の心理的な風景があると思います。

皆さん、「いい人」なんですよね。そして自分に厳しい
そう育てられてきましたもんね。

しかし、ここには巧妙なウソがあります。

実は、「自分を許せない」ことと「他人を許せない」ことは同じなのです。
「自分を許せない」と思っているときは、必ず「他人も許せない」と(少なくとも
潜在的に)思っています。
「許せない」は、どちから一方では存在できません。
しかし、「他人を許せない」と自分が認識していないのは、それを抑圧しているからです。
いい人だと思われたい、「他人を許せない、度量の狭い人だと思われたくない」という
ことなのです。

しかし、お話を聞いてみると、「自分を許せない人」は間違いなく「他人を許せない人」
です。
多くの場合はご両親。そして、学校の先生友人あたりです。

「自分を許せない」という自己ジャッジの世界から抜け出すには、
「自分を許せない」の裏側に必ず、「他人を許せない」があると認識することです。
いい人をやめ、許せない自分を直視することです。

あなたは「被害者」なだけではなく、「加害者」でもあることをしっかり知ることです。

多くの人が「被害者であると同時に加害者である世界」に住んでいます。
だから、生きることが基本的につらいのです。
この世界に生きていると、どんな選択をしても、「何か悪いことをしている」
と罪悪感を感じるのはこういう仕組みだからです。

自分を責めると成長が止まる

罪悪感を感じると、自分を責めたくなります
自分を責めているのは、実は他人に対する攻撃性が自分に向かっただけで、
その意味では形を変えた復讐です。
自分を責めている人は、

「私はこんなにみじめだ。この責任は○○にある!」

と、他人を告発しています。

そして、そこから前に進もうとしません

「○○が謝るまで、○○が私を認めるまで、前に進むのはやめた」

そう言っているのです。

だから、自分を責める人は、成長しないのです。
だって、前に進むのを自分でやめたからです。
そして、人生をますますひどくして、相手を告発します。

これをあまりやりすぎると、うつ病になったりします。
なかには一生を棒に振ってしまうこともあるでしょう。

「罪悪感」から「恐れ」が生じる

「罪悪感」を持っていると、そこから「恐れ」が生まれます。
なぜなら、「自分は悪だ」「過去、自分は悪を行った」「未来に悪を行うかも
しれない」と思うからです。

「未来に悪を行うかもしれない」
というのが恐れの正体です。

言い換えると、「未来に誰かの期待に添えないかもしれない」「成功しないかも
しれない」という思考を持って、恐れを抱くのです。

多くの方が「恐れ」や「罪悪感」、「自分を責める」というネガティブスパイラルに
陥って悩んでいますが、それはこういう仕組みなのです。

「許し」がすべてを解決する

これだけ「自分を愛すること」について語っても、多くの人が「恐れ」や
「罪悪感」、「自分を責める」にとらわれてしまう理由がおわかりだと思います。

どうすればここから抜け出すことができるでしょうか。

それは、「許し」です。

一番は「自分を許す」
確かにあなたは過去「失敗」をしたかもしれません。
しかし、「失敗」をしない人はいないのです。
地球は「失敗」を通じて学ぶ場なので、「失敗」は誰でもします。

赤ちゃんだって、何度も転んで立ち上がることを覚えます。
そこにいちいち「転んでしまった、オレはなんてダメなんだろう」と責めていたら、
赤ちゃんは成長しないですよね。

それは「大人」だってそう。
そういう意味で地球は「互いに迷惑をかけあう場」でもあるのです。
それを悪く取らず、優しいまなざしを向ける。そういう場所なのです。

そこから成長が起こります。

すると多くの人は「周りが優しくない」「厳しい」と言いますが、
それは誰のことでしょう?

それはあなたが優しくないから、周りも優しくないのです。
あなたが自分に優しくしたら、周りも変わります。
だから、まずあなたが態度を変える。自分に優しくするのです。

ですから、あなたがもし「失敗」をしたと思ったら、
責めるのではなく、必要なことを学んでください。
もし学べなくても、次の機会もあるでしょう。

こうして、「自分は悪ではなく、成長する存在なんだ、
『失敗』してもいいんだ、学んでいいんだ」

と自分を許してください。

自分が成長することを許せると、周りの人も許せるようになります。
だって、周りの人もあなたと同じように学んでいるだけだからです。
年齢なんて関係ありません。
学びは魂の学びのことです。

このように論理として言うのは簡単です。
しかし、「なかなか自分を許せない」「他人を許せない」ということがあると思います。

「許し」という方法ではなく、「過去にこだわっているエネルギーをクリアする」という
方法で許しを実現することもできるのです。

その方法が「インナーチャイルド・マジカルチャイルド2Daysワークショップ」です。

******* ******* *******

真実を語れば、そもそも、僕らに罪はありません。
宇宙は善悪で判断する場ではなく、学びの場だからです。
「被害者」も「加害者」もありません。
だから許しは本当は必要ありません
僕らはもともと許され、愛されている存在だからです。
こういったスピリチュアルの原則を知ることも、ネガティブスパイラルから
抜け出すうえで、とっても役立つでしょう。

罪悪感はいりません。捨て去ってOKです。
あなたの本質は愛だからです。

その意味で、「スピリチュアルな啓蒙」が大切です。
参考になれば幸いです。

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

7 Comments

  1. yoshida 2013年4月28日 at 7:32 pm  返答する

    そうなんですね・・・。
    オンラインのワークで「許せないこと」を紙に書きだしていった時、最初は自分のしたことをあれこれと書いていたのですが、途中から父親への感情がぶわーっと湧き起ってきて、あんなこと言われた、こんなこともあったと、ペンが止まらなくなって。
    それから、「それを許せた場合のご褒美」の段になると、もうペンが止まってしまいました。「今はまだ許せない」という気持ちが強かったのを思い出しました。

    この感情と対峙して、手放すときがきたのですね。今まではきっと蓋をして見ないフリ気づかないフリをしていたのでしょう。無意識に押さえつけていいたのかもしれません。
    これが、「思いを閉ざすことなく、その感情と真っ向から向き合うこと」なんですね。

    私の中の重たいものの正体が見えてきて、このタイミングで迎えるWS。
    大きな力が私を導いてくれたのだと思っています。
    グループワークにも特に抵抗はありません。

    にしきさん、よしこさん、みなさんにお会いできる日を楽しみにしております。

  2. にしき 2013年4月29日 at 3:51 pm  返答する

    yoshidaさん 今は「許せない」という思考と一体化しているのですね。自分=許せない。わかりました。それもプロセスです。
    準備ができていますね。2DaysWSの当日は僕らに任せてください。その暗い塊を手放していきましょう。

    • yoshida 2013年4月29日 at 10:27 pm  返答する

      はい!やっと向き合う準備ができました。
      あとひと月ほどですね。
      1日1日、一瞬一瞬を大切にし、こころ穏やかに過ごしていきます。
      ありがとうございます。

  3. さき 2016年2月20日 at 12:52 pm  返答する

    いつもためになる記事をありがとうございます。2年前に読み始めた頃は理解できないことのほうが多かったのですが、だんだんと腑に落ちるようになりました。ありがとうございます。
    質問なのですが、私は過去の自分の過ちが誰かに知られてしまうのではないかという不安、恐れがあります。嫌で嫌でたまらなかったのですが、その時はそうするしか他に生きる道がなかったと今では思っています。
    ブログを読んでいろんなことが変わり、お陰様で両親との関係も良く、前向きに人生を楽しめるようになりました。そんな時にフッと恐ろしくなることがあるのです。
    どのように考えたらいいのでしょうか…?

    • にしき 2016年2月20日 at 1:33 pm  返答する

      さきさん 成長していますね。いいですね。
      「過去の過ち」ね・・。
      三次元世界では法律とか宗教とか道徳の教えあって、それに反すると「罪」と見なされるのですが、宇宙的には「罪」は存在しません。それは失敗から学ぶチャレンジなのです。
      自分を責めたり罪悪感を感じたりするのではなく、そこから何を学ぶかが大事です。
      その出来事は、今のさきんさんに何を伝えてくれていますか。
      とても大事なことだと思います。
      それに気づいてください。
      誰だって、そういう意味での出来事はあります。
      それでも雄々しく生きています。
      罪悪感で自分の人生を壊さないでくださいね。

      • さき 2016年2月21日 at 7:16 am  返答する

        お返事ありがとうございます。

        そこから何を学ぶか、ですか…
        思い返すのも嫌で、落ち着いて冷静に考えたことがありませんでした。当時はそうするしかなかったと思えるようになるにも、随分時間がかかりました。
        改めてじっくり考えてみるとその出来事は、自分を愛することの尊さを伝えてくれるように感じます。なんだか今までと違う涙が流れてきました。これからはにしきさんのおっしゃるように、嫌な出来事というよりも大事なことを教えてくれる出来事だと考えるようにします。とても心に引っかかっていたということは、伝えてくれる事がとても重要だったからかなと思います。
        気持ちが楽になりました。
        本当にありがとうございました。

  4. 青葉萌ゆる 2016年9月26日 at 1:55 pm  返答する

    50年前に読んだ谷口雅春の『生命の實相』の冒頭に「汝、ただちにすべてのものと和解せよ」と書かれていたのを思い出しました。この一節は、当時かなり面喰いました。
    今読めば、愛の存在である人間が愛を受け入れることで、もっと万能で変幻自在な人生が手に入るのだと、そういう意味でハイアーセルフとの「つながり」得る手立てとして「相手を許し」「自分を許す」必要性を説いていたのだとわかります。
    生命の實相も多くの教典と同様に「啓示」をかきとめたもので、読者に、(谷口雅春自身にも)心のわだかまりを解いて純粋に「大神=ワンネス」とつながる道を示したのだと思います。

    さて「今日までのあらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である」というのは、有名な「共産党宣言」の冒頭の一句です。これは、それまでの観念的な歴史観、社会観を根本的に粉砕するものでした。なぜなら、マルクスの時代以前の歴史観は多かれ少なかれ、世界史を、「神」によってあらかじめ定められた調和的なものとみなしたり、「絶対精神」が自己を展開し、実現していく過程として捉らえたりhttp://redmole.m78.com/sosialism/sengen.html
    したからです。

    この一文で嫌気がさして学生時代一切の社会主義的イデオロギーと袂を分かった私の頭の中に「闘争でなく和解だろ?という反論が渦巻いていたし、ジョンレノンが歌っているAll you need is love.って言葉も
    深くしみついていました。
    「汝、ただちにすべてのものと和解せよ」
    これが、引き寄せの法則とともに今ふたたび蘇るのですね。うれしいなぁ。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください