「変わりたい」の落とし穴

「変わりたい」の落とし穴

変わりたい

「変わりたい」と思っていると引き寄せられない

「変わりたい」と思っている方は多いです。
このブログの読者もそうでしょう。
ところが、「変わりたい、でも変われない」というのが本当のところでしょうか。
そこで、いろいろな方法、ノウハウ、メソッドに手を出してみる。
どれをやっても変われない・・・ますます罪悪感を感じて、自分を責める・・・
そんな方もいるんじゃないかと思います。

自分のなかにドロドロしたエネルギーがあって、混乱していたら、引き寄せ
るどころじゃないですよね。

「本当の自分」に気づくはずもありません。

いつも頭のなかでおしゃべりが続いていて、脳はもう疲れてしまっている。
創造のエネルギーなんてない・・・

こんなところかもしれません。

「引き寄せ」や「創造」は、自分との関係をクリアにできないと、パワーが発揮でき
ないのはわかりますよね。この状態で何かを願ったり、意図したりしても、
力がないのでうまくいかないし、むしろ逆の結果を呼ぶことになります。

今日は、こんな方たちのために書いてみましょう。

変わりたいと思う人の頭のなか

「変わりたい」と思ってる方にお聞きします。

「なぜ、変わりたいんでしょう」

「現状がつらいから」「今の自分はダメだから」「今の自分に満足できないから」
というのがほとんどではないでしょうか。
現状の自分が好きだったら、「変わりたい」とは強く思わないはずです。

つまり、頭のなかはこういう状態です。

「今の自分はダメ、満足できない」→「変わりたい!」

そして「変わりたい!」を実現するために、外側からお金やパートナーを引き寄せ
たがっている。

「今の自分はダメ」→「変わりたい!」→「引き寄せたい!」

こんな思考があると思います。

そして「今の自分はダメ」というジャッジが起こるのは、「仕事ができない」
「パートナーがいない」「容姿に自信がない」「自分に自信がない」・・・
といった今の問題が投影されているのでしょう。

ところが、この一見現在に起こっているような「あなたの至らなさ」「自分で満足
できないところ」には、さらに原因があります

調べてみると、それはほとんどの場合、過去の体験に原因があります。
親の何気ない一言、友人のひやかし、教師の叱責・・・ほかにもたくさんの理由が
ありますが、何かがあってあなたが「自分はダメだ」と思い込んでしまったのです。
そして、その「ダメな自分」をそれ以来ずっと演じています

それと同時に、その過去の出来事を「許せない!」と少なくとも潜在的に断罪しています

以上をまとめると、こういう思考があるのです。

「過去の体験『許せない』」→「自分はダメ」→「変わりたい!」→「引き寄せたい!」

つまり「変わりたい!」と思っているあなたには、その根本的な原因となる
「過去の体験」があるはずです。

「過去の体験があったので、今の私はダメになった。許せない」

このように、潜在的には思っているのです。

自分が「変わりたい」と思っていても、過去の体験を「許せない!」としていたり、
過去にこだわっていたりすると、結局あなたは変わりません。

なぜなら、あなたが変わってしまうと、その過去の体験を「許して」しまうこと
になると感じられるからです。

「変わりたい」「変わらないと、大切な人に愛されない」「もっと変わらないと!」
と思いはエスカレートします。

でも説明した理由から、あなたが変わろうと思っているにもかかわらず、あなたは
変わらないことを選択しています

そして何をやっても変わらない自分を見て、自分で自分のことを「自分はダメだ」と
さらにたくさんレッテルを貼ります。

自分を責めたり、何をやっても変わらないことに罪悪感を感じます。

つらくなります。

そのつらさの行き場は、やはり「過去のあの体験のせいだ! 許せない!」と
なるのです。

過去の体験はなくすことはできませんから、この思考をしていてはいつまで
たっても、何をしても変わりません

そしていつまでたっても同じところをグルグルしている人生になるのです。
無限ループの世界です。
永遠地獄です。

どうすればいいのか?

過去の出来事を「許せない」としているとき、その原因は自分にはなく、
誰かほかの人にあると認識されています

「他人のせい」なのです。
「他人せいで、自分はダメになった」・・・この意識が「犠牲者意識」です。

犠牲者意識は、形を変えて多くの人の心にあります。

でも犠牲者意識を持っていたら、人生は変わらないのはここで見たとおりです。

ではどうしたらいいでしょうか。

答えは明らかです。

「過去の出来事を許せない」と思っている自分の思考を変えるのです。
そうすると、過去の出来事と自分を切り離すことができるので、
「自分がダメだ」というのは思い込みだったことがわかります。
すると、「変わりたい!」という強い思いがなくなってきます。

「変わらなくていい、このままでいいんだ」

と思えるようになります。

しかし、これは「開き直り」や「甘やかし」「悪いところに目をつぶる」のでは
ありません。

ありのままに見ることです。自己肯定です。

そもそも、悪いところはなかったのです。
罪悪感を感じる必要はまったくなかったのです。

「すべては理由があって起こっていたんだ」
「学びだったんだ」

というスピリチュアルな原則が、本当の意味でわかってきます。

過去の体験が自分を決めるのではない。それは前世もそう。
今、自分が変わることに責任を持てば、変われる。
誰のせいにも、過去の出来事のせいにもできません。

「このまま、ありのままでいいんだ」と思えたとき、のびのびと自分の人生を創造する
ことができます。
多くの人が考えるように「ありのままでいいと思うと停滞する」のと真逆なんです。

裸のあなたが、人生で初めての息を吸うのです。
創造、引き寄せができるようになるのは、過去の出来事のせいにしないで、
自分ですべてを引き受けるときです。

これが自己責任ですよね。100%自分の責任なのです。

この地点に来ないと、スピリチュアルな教えの意味はまったくわからないと思います。

自分を愛する
創造者
自己中心主義
すべては学び
すべては必然
自由・・・

つまり、あなたが変わってあなたらしい人生を送るためには、過去に折り合いをつけ
許し、創造の力を自分に取り戻す必要があります

まずはここを目指してください。
「引き寄せよう!」と思うのはそれからで十分です。

■真実の引き寄せの法則オンラインコース
http://online.attraction-method.net/

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

12 Comments

  1. 中 枝 2013年4月18日 at 3:15 am  返答する

    有難うございました。
    なんとなく納得しました。
    確かに過去の失敗で自信がまったくありませんです。

  2. 中 枝 2013年4月18日 at 3:15 am  返答する

    有難うございました。
    なんとなく納得しました。
    確かに過去の失敗で自信がまったくありませんです。

  3. ウンマ 2013年4月19日 at 2:59 pm  返答する

    私も変わりたい、けど変われないという人間です。しかし、今回の記事のように他人のせいでこうなった許せないというような考えはありません。引き寄せに興味を持った時は別に自分が嫌だとか今の自分を変えたいとも全く思っていませんでした。簡単に願いが叶うなんて、夢みたいだな〜面白そう!と思って興味を持ちました。しかし、一向に願いを引き寄せることはできませんでした。だけど、思考や波動で願いを叶えることが、唯一の手段だと思い込んでしまったので、「こんなの嘘じゃん」と簡単に抜けだせませんでした。そこから、まだダメだ、まだダメだと自己否定が始まった気がします。過去に誰にも何もされてなくて、恨みもなくて、引き寄せと出会うまでは自分も好きだったのですが、私はなぜ変われないのでしょうか?

    • にしき 2013年4月19日 at 4:56 pm  返答する

      ウンマさん まず、深呼吸を20回してください。そして、温かい飲み物を飲んでください。落ち着きましたか?
      話はそれからです。

  4. ウンマ 2013年4月19日 at 5:12 pm  返答する

    にしきさんすいません。先ほどコメントさせて頂いた時よりは落ち着きました。でもこの記事でいうような過去の体験が私には見つかりません。

    • にしき 2013年4月19日 at 6:15 pm  返答する

      そうか。じゃやちょっと考えてみましょう。なぜ、自分が好きなのに、変わりたいと強く思うのかな? 深呼吸をしながら考えてみましょう。

  5. yoshida 2013年4月23日 at 8:21 am  返答する

    にしきさん、こんにちは。
    にしきさんとつながって、さまざまな学びを実践していくうちに心が落ち着きを取り戻し、ここのところとてもいい気分で過ごしておりました。

    それが数日前にふと過去の出来事を思い出し、またそれにとらわれてしまった。他人が許せないのではなく、自分のしたことが許せていないでのす。
    2年ほど前から高校生の双子の娘と上手くいかないようになり、彼女たちはとにかく私とはかかわりたくないといった風で、家庭内でもほとんど会話がなくなってしまったのです。
    私は娘をコントロールしようとしました。小さいころから、いわゆる「オール5」をとるよう期待を無理に押し付け、とにかく過干渉でした。自分の自己満足のためだったように思います。

    私の父親はとても高圧的な人で、私はすべて父親のいいなりになって育ちました。「オレの言うとおりにしていれば間違いないんだ」と言われ、それでいいんだとさえ思っていた。母はヒステリックでよく怒鳴っていました。私はそんな親にはならないぞと強く思っていたのに、結局両親から受けたこと、そのまま大事なわが子にもしていたのです。

    「これでよかったのだ」と思っていいのでしょうか?親への気持ちはいくらか整理がついてきたのですが、どうしてもここに引っかかってしまうのです。

    • にしき 2013年4月23日 at 10:47 am  返答する

      yoshidaさん 学びがやってきていますね。このまま娘さんとの関係を悪化させたままにしますか? それともyoshidaさんが学んで、次のステージに上りますか?
      もし次へ行きたいなら、ご両親とのわだかまりをクリアする必要があります。クリアすれば、あなたは自由になり、他人をコントロールするのをやめるようになるでしょう。
      僕たちが提供する「インナーチャイルド・マジカルチャイルド2Days」が役に立ちます。こういうブロックは本を読んでも改善しないので、6月1日、2日にぜひいらっしゃることをお勧めします。
      そして、自分を責めるのはやめてくださいね。その行動パターンは、ご両親からもらったもので、あなた本来の姿ではありません。

      • yoshida 2013年4月23日 at 12:13 pm  返答する

        にしきさん、おへんじありがとうございます。
        そうですか、やはり両親とのわだかまりが残っているのですね。確かに残っています。

        2Days行きたいです。本当に行きたいです。しかし遠方であることと、仕事の都合もあり、東京へ行くのは難しい状況です。

        娘たちにはほんとうにつらい思いをさせた、私が間違っていたと、1年ほど前だったか、心から謝罪しました。しかしきっと、私と同じようにわだかまりを抱えているのだと思います。また辛くなってしまいました。
        このパターンを子や孫に続かないよう、私が止めなければいけませんね。

        • にしき 2013年4月23日 at 1:32 pm  返答する

          yoshidaさん 自分を許せないのは、ご両親を許せないからです。そして、ご両親を許せないと、ご両親にとらわれ、同じ行動をとってしまいます。そして、自分をご両親の犠牲者に仕立てて、罪悪感を感じる。自分を責める。そういう一連の行動をなさっています。お嬢さんたちに謝罪されて、結局御自身がいるのは、「自分を責める」「罪悪感」を感じるという場所ですね。罪悪感のエネルギーはご家族にも伝染します。ですから、ご家族のためにも、ご自分のためにも「自分を責める」「罪悪感」を手放し、あなたが「これでいいんだ」と思う必要があります。それが可能になるのは、ご両親を許したときです。それができるのは、yoshidaさんしかいないんです。

  6. yoshida 2013年4月23日 at 4:09 pm  返答する

    丁寧な返信、ほんとうにありがとうございます。

    なんとか調整してみます。

    にしきさんとのご縁に感謝致します。

  7. Dan(暖) 2018年6月1日 at 9:42 pm  返答する

    ども~\(^o^)/

    人生は、
    【 本当の自分を生きるためにある 】

    本当の自分を生きるということが
    なかなか、難しいのであれば

    人生とは、
    【 本当の自分を 思い出すこと 】

    って 伝えれば
    わかってもらえそうか、な???(笑)

    えっ? まだ、わかりづらい???
    あはははは(笑笑)

    ごめんなさい.。oO

    【 本当の自分を生きる 】とか
    【 本当の自分を思い出す 】とか
    っていうのは

    まわりが どうであれ
    他人さん(親や 家族や 職場の人や パートナーなどなど)が 自分のことを どう言おうと
    生まれてきた環境が 過ごして来た過去が
    どんなものであっても
    あれや それやが いかなるものであっても

    【 自分さんを 肯定すること 】
    っていうこと

    それだけ!!!
    かも、ね(^o^)

    少し 言葉を替えるとするなら

    【 自分さんに ダメ出しをしないこと 】

    ちょっと カッコよく言うなら

    【 自分さんを 愛すること 】

    これこそが、
    【 本当の自分を生きる 】ということであり
    【 本当の自分を思い出すこと 】
    なんじゃあ ないか、な\(^o^)/

    これでもか これでもか~
    っていうくらい
    【 自分を肯定する 】こと
    (自分中心に生きること)

    そのために
    今回の人生は あるんだと
    おいらは 感じています.。oO

    えっ?
    「自分中心に 生きるって わがままを通して いいってこと?」

    いえいえ(^o^)

    もし、
    「わがまま」が 心の中で生じた時には
    ちゃ~~~んと

    「不快感」という
    【 本当の自分との ズレ 】を
    教えてくれる センサーが
    働いてくれます(だから大丈夫)

    手放しが 大事だって言うけれど

    なにを
    手放すことが
    大事なのかって 言うと

    【 本当の自分とのズレ(不快感)を 手放す 】
    ことが大事なんだと
    おいらは思うし

    その手放しが
    今回の人生で与えられた
    【 責任 】であり
    【 可能性 】であり

    自分(あなた)の
    【 ミッション(使命)】であるのかも
    しれません.。oO

    ・・・・・・・・・・・・

    まわりすべて(他人さんや、環境さん)に
    迷惑をかけたりせずに

    まわりすべてに
    なんの条件もつけずに

    自分は 自分として
    無条件に 自由に 生きることが
    出来ます(^o^)

    自分中心で
    生きることが可能なんです

    自分中心に 自分らしく
    生きることが出来るんです

    それが
    人生の目的なんです

    ただ、
    「こんなことでは ダメだ」
    という制限を 無意識に 自分に課してしまって

    「わがまま」を
    まわりに 認めさせようと
    自分で 自分に「苦(しみ)」を
    誤創造してしまっているだけなんですf(^_^;

    【 本当の自分 】を生きれば
    (愛を基本とした 自分であれば)
    「わがまま」を通した 他人さんに苦(しみ)を与えてしまう 生き方なんて
    出来ないしくみなんです(^o^)

    ・・・・・・・・・・・・

    徹底的に(笑笑)
    自分さんを 肯定しませんか\(^o^)/

    これでもか これでもか
    ってくらい

    【 自己肯定 】してみませんか?

    にしきさんブログの この記事に
    合ったコメントか どうかは
    分かりません、がf(^_^;

    あはははは(笑)

    ここに
    コメントさせてもらいます

    o(^o^)oニコニコ

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください