僕たちはどこかで、「今の自分でなくなることが成長」だと思っています。

今の自分は不完全。
だから外から情報を仕入れて、もっといい自分になるんだ。
いや、なりたい!

そう思っている人も多いでしょう。

もっと勉強して、もっと世の中の仕組みやノウハウを知り尽くせば、
もっといい自分になれるはずだ!

そして、親からもそう教わってきました。

「今の自分はまだ足りないところがある。だから頑張って勉強するんだ!」
こんな信念を持ってしまいました。

よくなろう、よくなろうと懸命に努力します。

今の自分を認めず、もっと違う自分になろうとします。
世間のルールに従おうとします。

でもそれで達成したことはと言うと、「自分に対する違和感」でしょう。

自分が自分でない感覚。
自分を信頼できない。
自分は間違っているかもしれない。
だから何をやっても自信が持てないし、周りの人の評価に簡単に左右されてしまう。

「無条件の愛」なんて絵空事で、実際に経験しているのはいいことをしたら
褒められるけど、気に入らないことをしたらジャッジされる「条件付きの愛」ばかり。

多くの人がこんなところで苦しんでいます。
この心の状態のことを「エゴ」と呼ぶのですが、この先もどんどん苦しいことが続きます。
「引き寄せの法則」どころではありません。

どこが間違ってしまったのでしょう?

そうです、僕たちの成長に関する考え方が違っていたのです。

「成長とは、子どもに戻ること」
「成長とは、インナーチャイルドに戻ること」

なのです。

よく覚えておいてください。

僕たちは成長しません。
「成長」という考えが、間違っているのです。

「僕たちは子どもとしてやってきて、子どもとして去って行く」

そういう存在です。

ですから、僕たちのなかにある子どもらしさは尊重すべきものです。
優しく抱きしめてあげるべきものです。

成長とは、この世で身につけてしまった「自分を制限する思考」(私にはできない)、
「いらない信念」「否定的な思い」を捨て去ることであり、あなたのなかにいつでもいる
インナーチャイルドにあなたが戻ることです。

インナーチャイルドというと、「膝を抱きかけた寂しげな姿」を思い浮かべる方も
多いのかもしれませんが、それだけではないのです。

なんでも自分で発明してしまう創造の天才
(小学校のころ発明コンクールなんてありましたね)

なんでも遊びに結びつけてしまう遊びの天才
(子どもは誰に教わらなくてものびのびと遊びます)

うるさい悪ガキでさえ見せる、お地蔵さんのような清らかな姿
(子どもは残酷であると同時に天使です)

もちろん、否定的な側面もあるでしょう。

でもそういったすべてに「YES」と言えるようになることが、成長なのです。

あなたの考えのなかに「いいこと/嫌なこと」「善/悪」「美/醜」という対立があり、
いいこと、善、美・・・などにしか目を向けず、それ以外を否定する傾向があるなら、
人生は思った通りにはなりません。
あなたは「嫌なこと」「悪」「醜」を必ず体験するからです。

こうした二項対立のどちらかになろうとするのをやめること。
人生を「いいもの」だけで飾ろうとしないこと。
こうするとき、人生は本来の輝きを見せてくれます。

それはあなた自身も同じこと。
本来のあなたであるインナーチャイルドをちゃんと見つめてあげること。
そして、あなたのなかにあるすべての側面に「YES」と言うこと。
いい人になるという意味での成長をやめること。
それが本当の意味での成長です。

そのために、インナーチャイルドが提出する課題はとても大きいです。
自分のインナーチャイルドを知らないことは、
本当の自分を知らないのと同じなのですから。

インナーチャイルドというベースなしに、スピリチュアルな実践をしても成果が出にくい
というのは当然です。

それは「引き寄せの法則」でも同じこと。
あなたが今抱いている願望は尊重されるべきものですが、
本当のあなたはどう思っているのでしょう?

確信が持てる人は多くないと思います。

これまでの不安で自信がなく、自分や自分の願望に確信が持てないあなたから、
自分の思いが自然に出て、それを自然に表現することができ、イキイキした実感を
感じながら、誰の言葉にもブレることなく生きていけるあなたに変わるための
カギがあります。

それが、ですインナーチャイルド
インナーチャイルドの重要性は、強調しすぎることはありません。

4月20、21日に行う「インナーチャイルド・マジカルチャイルド2Daysワークショップ」
は、こんなインナーチャイルドを知り、それを癒し、あなた自身にYESと言い
あなたらしく生きていくための大きな機会です。

誘導瞑想だけでなく、絵を描くことによるアートセラピー創造性開発
さらには脳の使い方、身体の使い方も指導していきます。

「否定的な考えが止まらない」という方は、身体を動かすのが苦手だし、やって
いないと思います。

そういう人は身体が硬く、左右でズレが生じているはずです。
身体を動かすというごくシンプルなことでも、気分は変わるし、
「うまくいく」と思えるようになります

そういう身体の使い方、目の使い方、脳の使い方ってあるんです。
それも少しお伝えしていきます。

そして、インナーチャイルドに出会ってください。
インナーチャイルドと二人三脚の人生を歩んでください。

それが最高にスピリチュアルな人生への道です。

よかったら会場でインナーチャイルドに出会いましょう!