皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

 

バシャールをチャネリングするダリル・アンカ
彼本人は美的センスに優れた物静かな人です。
その彼がライフワークとしている映画が完成しました。

「Dearly Departed」

「旅立った愛しい人」ぐらいのタイトルです。
死後の世界を描いた、とっても優れた映画です。

まずは、トレイラーをご覧ください。

どうです、なかなかよさそうでしょう?

死んでも地球に近いところにとどまる霊たちに、ダリル・アンカが(指導霊として)
インタビューする?映画です。

それぞれ、自分の生前と似た環境をイメージのなかで創造していて、
そこにとどまっています。

ある人は、残してきた娘が心配で・・・
ある人は、悲しむ親のことが心配で・・・
ある人は、奥さんがいれてくれたコーヒーをもう一度飲みたくて・・・
ある人は、同時に射殺された恋人の金を使い込んだことを恥じて・・・

この地球上では悲惨な事件が絶えないのですが、
あちらの世界に行くと、すべてはつながっていることがありありとわかるので、
痛みも全部伝わってきます。

するとどんな人でも、「なんてことをしてしまったんだ・・・」と悔い改めると
この映画は描いています。

あちらに行くと、生前の出来事をすべて再体験するといいます(人生のレビュー)。
そのなかで、「もっとああすべきだった」「こうしたほうがよかった」
「これは勇気ある行為だ」などと、ガイドたちと検討するのです。

別に責めるわけではなく、「もっと愛にあふれた人になるためにどうしたらいいか」
を相談して、次の人生に備えるのです。

それを魂の家族たちが、親になったり子どもになったり友達になったりと、
役割を変えながら、学びを行っている。

それが地球での経験です。

「Dearly Departed」は、人生、そして死を見事に描いています

死は普通に考えられている「終わり」ではありません
このスピリットたちが言うのは、肉体はないけれど、「生前とまったく変わらない」
ということです。

だから、「死んだらリセット」なんてことはないし、
死んだら責任がなくなるわけでもないし、いいかげんに生きることもできない

愛へ向かって学んでいくだけなんです。

それを愛をもってそれぞれがそれぞれの役割を演じているのです。

こういった真実を受け入れられない方もいると思います。
それはそれでいいのです。

こういった仕組みで人生は起こっているんだな~と共感できる人は
ぜひ見てみるといいと思います。

日本人の女性も登場します。
戒名の扱いが微妙でしたが・・・。

地球でギャングだった男が、あちらで「スピリットガイドが天職だ」
と目覚めるのもおもしろいです。

日本語字幕版が用意されているのもGood。
スピリットの世界を知りたい人にとってもお勧めです。

Dearly Departed
日本語字幕版
監督:ダリル・アンカ
DVD
84分
19.95ドル(送料10ドル)
Zia Films

↓ ご注文はこちらから ↓
http://dearlydeparted.ziafilms.com/dd/
右の「Japanese Subtitles」を選んでくださいね。

■特別セミナー「THE DEEP 引き寄せの法則」
http://online.attraction-method.net/vortex-the-deep/