モノを引き寄せようとする犠牲者意識

モノを引き寄せようとする犠牲者意識

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

部屋の窓から一面の銀世界を眺めながら、記事を書いています。


「引き寄せの法則」という言葉は誤解を招きやすい言葉です。
今回はそのなかでも根本的な誤解について書いてみましょう。

「引き寄せの法則」というと、「どこからからモノを引っ張ってくるノウハウ」という
ように受け取られています。

少なくともこのブログではそういう理解はしていません。

なのに、多くの人が誤解して受け取っています。

どうしてでしょうか?

その背後には「今持っていないものを得たら、幸せになれる」という根深い
思い込みがあるからではないでしょうか。

だから「引き寄せたい!」と思ってしまうのです。

しかし、何かを実現すること・引き寄せることと、あなたが幸せであるかどうかは
まったく関係ありません。

たくさんのお金を引き寄せても、一時は幸せかもしれませんが、使ってしまえば
その幸せもなくなってしまいます。

とってもすてきなパートナーと巡り会って、かわいいお子さんに恵まれても、
パートナーとの関係に陰りが見え、子どもが悪ガキになったら、あなたの幸せは
失われてしまいます。

この考えでは、地球上のあらゆるモノをあなたにプレゼントしたとしても、
結局あなたは幸せになれません。

なぜなら、幸せかどうかは、あなたが決めることがだからです。
あなたが「ソース」(源)という根源的なエネルギーにつながれば、あなたは幸せ
を感じます。
あなたが「ソース」から離れれば、幸せを感じることはできません。
幸せかどうかは、外部のモノとの関係ではなく、あなた自身の関係なのです。

このことは、どのスピリチュアルの本にも書いてあることですが、それが本当に
腹に落ちたら、あなたは、「幸せになるために」何かを引き寄せたり実現したり
しなくなります。

幸せと引き寄せは関係ないんですよ。

じゃあ、「引き寄せの法則」は無意味なのでしょうか?
そうではありません。
考え方が違うのです。

僕たちが何かを創造したり引き寄せたりするのは、僕たちが「アーティスト」だからです。
創造のアーティスト。
アーティストですから、完璧な現実を創造しようといつも張り切っています。
そしてできた作品としての現実はとっても価値があるものです。
しかし、だからといってそれに満足せず、さらに作品を作り続けます。
だって、それがアーティストのつとめですから。

それは、子どもが飽きずに泥遊びをするのと同じです。
作っては壊し、作っては壊し・・・
子どもが遊ぶのは、「ただ楽しいから」。
アーティストが作品を作るのも、「ただ楽しいから」なのかもしれません。
そして僕らの人生もこれと同じです。


「自分の外部にあるものを引き寄せれば幸せになれる」という考え方は、
実は被害者意識の変形です。

「私は○○を持ってないので、かわいそう。それは△△のせい。○○さえ持って
いれば、幸せになっているはずなのに」

被害者意識を持つ人にとって、「モノを引っ張ってくる引き寄せの法則」が魅力的
に見えることもあるのです。
しかし、「持っていない」という意識・波動から始まった創造は、結局「ない」という
結果を創造します。

宇宙の法則は、あなたの言葉をそのまま反射してあなたに返す法則です。

「あなたは○○を持ってないので、かわいそう。それは△△のせい。○○さえ持って
いれば、幸せになっているはずなのね」」

と宇宙はつぶやき、「かわいそうな現実」と「○○を持っていないで不幸な現実」を
あなたに贈ってくれます。

つまり、犠牲者意識では幸せにもなれないし、何も得ることができないのです。

やはり、犠牲者意識から抜け出すことが大切なのです。
そのためにできることはたくさんあります。

今日お勧めしたいのは、

「自分の外側にあるものを引き寄せようとしない」です。

誰かすてきな人を引き寄せようとか、お金を引き寄せようとか、
外側を見ないようにするのです。

未来に何かを創造しようとするのもやめます。
未来は存在しないのですから。

ただただ、今、この瞬間をしっかり味わいます。
あなたの内側の感覚を楽しんでみます。
思考やエゴの声を聞かないようにします。

そんなあなたのピュアな内側には、被害者意識も、不安も、恐れもないはずです。
(それは思考の産物です)

それをスピリットとよんだり、ソースといったり、はたまた空といったりするのですが、
そこに足を置いてください。
それが最も堅固な地盤です。

この地盤に立つとき、あなたは「引き寄せの法則」の本質を経験することができるのです。

2007年、エイブラハムの「引き寄せの法則シリーズ」の本を出版社でプロデュース、大ブレイクさせる。唯一の公式ブログ著者として活躍、多くのリーダーに影響を与える。原理から引き寄せの法則を理解し、教えられる希有な存在。オンラインコースは手軽に学べると大好評。
あなたの知っている引き寄せは誤解だった!
本当の引き寄せを今だけ無料でお伝えします!
無料動画セミナー
「真実の引き寄せ 完全理解 10のエッセンス」
高額セミナーでのみ公開した内容が、今だけ無料!
動画10本+2大特典プレゼント!
「10のエッセンス」に移動して無料で受講

10 Comments

  1. 方波見 友子 2013年1月15日 at 5:36 am  返答する

    「自分の外側にあるものを引き寄せようとしない」
    私も少しづつ考え方が変わっていきます。^^ ありがとうございます。

  2. 方波見 友子 2013年1月15日 at 5:36 am  返答する

    「自分の外側にあるものを引き寄せようとしない」
    私も少しづつ考え方が変わっていきます。^^ ありがとうございます。

  3. visitor 10月 2013年1月16日 at 11:30 pm  返答する

    セミナーの続きと想って書いてみます。


    もともと 自分が感動したり 生きがいを感じた事を 思い出しています。

    たしかに  自分自身の世界が 戻ってくる感じがします。

    同時に  未来 こういう事をやっている【意欲としてやりたくなる】というイメージも 頻繁に伝わってくるようになってきました。

    こうした 経路が引き寄せのStepとなるのでしょうか。

    自分自身の考えた解釈としては、 自分の感性と、 外から訪れる情報とが 自然な形で 交わり始める【融合する】と 成功の序曲だと 考えています。

    そして  自分にふさわしい場だと想ったら、 自分の持っているエネルギーを【教養・技術・コメント 等】出来るだけ 出すようにすると シンクロニシティが興る気がしています。

    • にしき 2013年1月17日 at 11:48 am  返答する

      visitor 10月さん 創造の核心に近づきつつあるようですね。
      創造は(一見)異質なものの交差・融合・統合・コミュニケーションです。
      顕在意識と潜在意識の・・・
      意図と委ねることの・・・
      願望と手放すことの・・・
      自分と宇宙の・・・
      そして受け取ったインスピレーションに従って行動してください。
      それが成功へのカギです。

  4. visitor 10月 2013年1月17日 at 9:40 pm  返答する

    ご丁寧な返信ありがとうございます。

    セミナーの補強、 という概念で もうすこし描いてみます。


    他に、 自分の関わる関係を いい意味で 変えていくというのも 願望実施のひとつだと 思います。 【 今まで受けていなかった分野の勉強会に参加して 新しい自分の関係や可能性を発見する 】 そういう微妙な変化の集積が  新たなる・新しい可能性を生み出すかもしれません。

    補強で言いますと、
    何かを強く決意し【念を念じる】 そこから次々と進行が波及するように進んでいった事は 今まで 何度か 経験しています。
    おそらく 創造の核心に 触れていると思います。

    また 自分がすごく好奇心や意欲がそそがれること、 憧れ ・ 憧憬、 或いはなんとなく こうあるべき・こうしたほうがいい、 この場所が気になる、というものから 導かれた例もあります。

    そういう 良好な創造を得ていますが、 もっと 勢いというか もっと 貫通したビジョン、 もっと 吸着性・接続性を得たいと想うと

    やはり いつかに書いていたように  資料を集めたり、 調査を蜜にしたりと そういう方向にも 走る時もあります。 また 自分のビジョンをノートに整理することに夢中になるときもあります。

    それも 時としていいと思います。 努力した分は現実的に血肉になるでしょう。 実際 方向性を確認しなければいけない面もあるでしょう。   しかし もしかすると 創造と時間を遠隔することにもつながる場合もあるかもしれません。 

    良好な過程においても、 スピードが緩やかになるとき【 或いは方向性にすこし迷うとき 】  また最初の時間に戻って 創造の決意、 ファーストステップに 戻るということでしょうか ?

    それが 聴ければ いい意味で 教えをマスター【? 卒業?】できたということかもしれません ;  マスターに向けて 補強説明あれば ありがたいです。

  5. キンバー・リオン 2013年1月21日 at 7:59 pm  返答する

    にしきさん、初めまして。

    私は数年前に「引き寄せの法則」を知り、様々な本を読み実践してきましたが、にしきさんがおっしゃる事がまさに的を得ているのだと思います。

    しかし「引き寄せの法則」ブームの火付け役となったロンダの「ザ・シークレット」においても、ヒックス夫妻「引き寄せの法則」、においては

    <<良い気分になり、それをすでに得たイメージを思い浮かべる>>

    のがポイントであり

    また成功哲学書、ナポレオンヒルの「思考は現実化する」では

    <<強くイメージして無意識の信念を確固たるものとする>>

    というのがポイントなのでしょうが

    それらが決して間違いでは無いと思う反面、願望に対する「固執」や「執着」という願望実現を阻むものを創り上げてしまうのは「必死な読者」とっては仕方無いことかと思います。

    なぜなら人生の改善や願望実現を強く望む読者は、ワラにもすがる思いでそれらの教えを「救世主」のように扱い、書かれている事を「そのまま」表面的に解釈しまいがちだと思いますから。

    つまりは読んでその「法則」に期待すればするほど、目に見える苦しい現実を早く遠ざけたくなり、一層「辛い現実」を引き寄せ逆効果になってしまうという必然的なトリックです。

    本に書かれている通り、どうにか良い気分になろうとしたりイメージ化を頑張ってみたり…結局上手くいかない…どうしてだろうというジレンマや疑念や自己嫌悪などを生み出し、それ以外の願望実現法を探し求め、ワークショップや高額なセミナーに出て、結局…見える現実は同じままという方は多いと思います。

    私もその類でした。

    そしてそんな私が強く感じたのは、やはり最初の世間へのアプローチが間違っていたような気がします。

    「ザ・シークレット」のDVDなども良い例です。

    「願望実現」というキーワードに焦点が当たり過ぎていたのかも。

    まあ富も名声も得た成功者ばかりが語る「成功哲学」や「引き寄せの法則」は、対極にある人達にとってはかなり魅力的なものですし、憧れや妬みなんかも生み出してしまうのは仕方ないのかも知れません。

    最近では「引き寄せの法則」を再解釈したような、「願望実現を阻む潜在意識の抵抗の解放」「波動改善」などに重点を置いた著書が出ていますが、最初からにしきさんのように厳しくも本当の意味で優しい教えが広まっていたら、また法則の受け入れられ方も違っていたのかな…と感じる今日この頃です。

    • にしき 2013年1月22日 at 12:13 pm  返答する

      キンバー・リオンさん コメントありがとうございます。紆余曲折があって、真実に向かっているのですね。いいじゃないですか。キンバー・リオンさんがわかったのであれば。あとは、その法則を使って、自分の人生を本当の意味で豊かにすることですよね。

  6. キンバー・リオン 2013年1月24日 at 12:59 pm  返答する

    にしきさん、暖かいお言葉ありがとうございます。
    確かにそうですよね。
    周りがどうであれ自分がどう受け止め理解するかが大切ですよね!
    少しずつでも本当の意味で人生を豊かにして行こうと思います。。
    先日にしきさんの講演DVDも購入させていただきましたので、そちらもぜひ参考にしたいと思います。

  7. 青葉萌ゆる 2016年9月29日 at 5:02 pm  返答する

    願望には抽象的なものと具体的なもの、限定的なものと拡張性のあるもの。
    このマトリクスで考えると、自分の「願望」の内容が明確になるような気がします。

    私は、以前飼っていたバセットハウンドを亡くして7年経ちますが、またふたたび
    飼いたいという願望を持っています。これは、具体的で限定的な願望。
    また、以前からアルトサックスを欲しいと思っています。でもひょっとしたら
    ウッドベースでもいいかもしれない。否、本当は凄いオーディオでアート・ペッパー
    のサックスの音を聴きたいのかもしれないし、実はクリスチャン・マクブライドの
    ベースを聴きたいのかもしれない。これらは願望でも「発展性」のある願望。
    何によって満たされるのか、じつはあまりはっきりしていなかったりします。

    抽象的なのは、たとえば「恋人がほしい」
    あほか、といいたくなぬのは、せめて「どういう異性が好きなのか。」
    「どういう恋にあこがれるのか」
    それくらいははっきりしていないと、きっかけがなくて発展性すらないのではないでしょうか。

    お金がほしい。これはまったく具体性もなければ、限定性にも欠ける願望です。
    いくら欲しいかを考えたら少しは「限定性」が生まれます。
    「そうだなぁ。さしあたって10億だね。」

    さてこの10億をどうしたいのか、どう使うかで「願望の具体性」が生まれます。

    願望というのは、目的が明確であったほうがいいです。
    なぜなら、その願望が自分にふさわしいかどうか、自分がそれを受けとる価値のある
    人間かどうかという(にしきさんの説く)意識の変革という重要なプロセスにかかわって
    くるからです。

    企業でも「ミッション」「ビジョン」を明確にして事業目標をたてますよね。
    もちろんドメインを明確にしターゲットを絞り込む。
    企業の業績も意識と行動の総和だから、当然のこと。
    そこで、利潤の追求に加えて、社会貢献やコンプライアンスを重視するのは
    にしきさんが「与えることの意義」や「人格の陶冶が引き寄せにつながる」
    みたいに言っているのと似ています。

    企業と個人は確かに違います。そう、個人のほうかよっぽど自由に生きられます。
    頭の中を邪魔するものは誰もいないです。じゃまをしているのは、自分意識そのもの
    だったりする。

  8. 青葉萌ゆる 2016年9月29日 at 5:18 pm  返答する

    おまえ、にしきさんでもないくせにどうしてそんなにわかったような口を利くのかと言われそうです。
    実は、わたし引き寄せを半分マスターしているのです。
    半分というのは、大きな課題は引き寄せられない。
    18歳のころから、「理性で考えずに直感で選択する」「すべては神頼み」「求めよさらば与えられん」
    をモットーに生きてきました。
    ワクワクすることを最優先に選択して生きてきたという自信があります。

    しかし、大満足の人生かというと、そんなことはない。すべて一流の下か二流の上で止まっています。
    一番困るのが、予期せぬ不幸。
    例えば、兄弟が突然死んでしまったり、3人の恋人に浮気されたり。突然、車に撥ねられたり、家族が大病で
    入院したり、・・・もちろんそうなっても、「引き寄せ」でことなきを得る方法はみにつけていますが。

    これは、私の中のどういう想念が引き寄せた現実なのか、こればっかりはわからないです。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください