皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

先週からDVDのチェック、ワークショップなど、多忙で記事を更新できませんでした。
現在は正常に戻りましたので、更新を続けます。


お楽しみいただいている「動画引き寄せの法則」は、基礎をひととおりお伝えし
たこともあり、しばらくお休みをいただきます。
実際のところは、週末にセミナー・イベントが続くので編集してアップする
時間がとれないんです。
今月末には作業を再開するような気もするので、楽しみにお待ちくださいね。


この土日で、「本当の自分と出会う2Daysワークショップ」を開催しました。
そこで、参加者は今の自分に必要のないエネルギーを手放していきました。
「なぜか不安」
「自分は劣っている」
「人が怖い」
「親は愛してくれない」
「悲しい」
「許せない」
「他人に過剰に気を遣ってしまう」
「本音を人に言えない」
・・・
こんなエネルギー・信念はもういらない!と決意した方々が、
次々にいらないエネルギーを天に解放していきます。
するとそれは、徐々にその人に身体を離れ、元の相手のところに戻っていきます。
そして、本人はすごくエネルギーが軽くなってスッキリします。
これが手放しです。

願望が叶わないという方は、多くの場合、願望に反する信念を潜在意識に持っていて、
力の綱引きをやっています。だから、願望がなかなか形にならないのです。

「引き寄せの法則」を誤解すると、こうした自分のなかにある否定的なものに
目を向けるのはいけないと思ってしまいますが、目を向けようがなんだろうが、
それがあなたのなかにあるなら、それは波動を発します。

しかも意識活動の90%以上は潜在意識ですから、まずこうした信念やエネルギー
をとっておく必要があるのです。


こうしたいらないものの手放しは、今の時期とても大切です。

マヤ暦によれば2012年12月21日に第13バクトゥーンが閉じ、
紀元前3113年から始まった人類の物質文明が終わりを迎えます。

そして次は、愛と思いやりをもとにする文明が勃興すると予想されています。

世間ではこの時をもって、「アセンションが起こる」と言う人もいます。

しかし、それは外界の出来事のように勝手に起こってくるものであるはずはありません。

魂の学びにはそれぞれのステージがあるので、ステージを無視して、このタイ
ミングで一斉に肉体を離れ5次元に移行する・・・というのは非常に考えにくいわけです。

何かを学んで、いらないエネルギーを手放すから、学びや進化があるわけです。

自らの中にあるいらないエネルギーを見据えて、それと決別する。
こんな地道なプロセスが必要なのです。

そのために「もういらない」と決意して、手放す。
この作業が今、大切です。

しかも今は銀河系の中心から地球に、進化のエネルギーが届いています。
このため、細胞レベル、DNAレベルで進化が起こります。
悟った人が増えてきているのも、この影響かもしれません。


愛と思いやりの文明。
その一員として活動するためには、愛の波動にシフトする必要があります。

悲しさ、寂しさ、恐れ、怒り・・・こうした波動から愛の波動に思考をシフトする。
それはフタをして押し入れの奥にしまっていた過去の記憶をひっぱり出して、
フタを開けてそれを再び見据え、そこから意図的に決別・手放すことです。

こうすることで、波動を高める。
今お勧めしたいことはこれです。

エックハルト・トールが『イリュージョン 幻想としての時間』のなかで言うように、
時間は意識と関係があります。

ですから、意識の進化は時間とのかかわり方が変わることでもあります。

突然ですが、グレゴリオ暦って変だと思いませんか?

2月だけ28日や29日で、ほかは30日だったり31日だったりします。
2月のときだけ、地球は公転速度を速めているのでしょうか?
そんなはずないですよね。
今のグレゴリオ暦が恣意的なのは明らかです。

こういう恣意的なリズムに従っていると、人は狂ってきます。
自然のリズムから切り離されているのです。
それは、現代人が「いまの瞬間」から「次の瞬間」に狂ったように進もうとするのと
同じです。

グレゴリオ暦に代えて、13の月の暦や太陰暦を採用するのはいいでしょう。
大切な情報ですから。

しかし、人類がさらなる進化を遂げ、愛と思いやりの文明に到達するには、
時間から自由にならなければなりません。

「今この瞬間」を生きること。
瞑想・呼吸をすること。
外を歩くときでさえ、その意識を持つこと。

こうした時間とのかかわり方を根本的に変えるためのきっかけが、2012年12月21日
だと思うのです。

人類滅亡か天変地異とか、そういうの外界の出来事はどうでもいい。避けられない
なら受け入れればいい。

大切なのは、この内的な時間とのかかわり方です。
あなたも考えてみてくださいね。


考えるための一つのきっかけとして、2012年12月12日12:12に「新しい文明のた
めの瞑想」をしませんか。
これはきっと、12月21日への扉となるでしょう。
可能な人は15分でも30分でもいいでしょう。
時間がない人は1分でも15秒でもいいです。
「あ、時間だな」と意識を向けるだけでもいい。

これは僕たちが意識をシフトするためのお祭りです。

ぜひ皆さん、それぞれの場所で
瞑想を自由に楽しんでください。

たくさんの人の参加を期待しています!