Monthly Archives: 8月 2012

//8月

人生はおいしい!

By |2012年8月30日|引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 1983年(古くて恐縮)の西武百貨店の広告に、「おいしい生活。」というのがありました。 ご存じでしょうか? 糸井重里さんがコピーを担当。ウディ・アレンのとぼけた表情とあいまって、非常に大きなインパクトがありました。 実際の広告はこんなかんじでした・・・ http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-ebcd.html 「生活に“おいしい”という形容詞がつく?」ということでも話題になりましたが、当時は生活に「おしゃれ」でも「豊か」でも「美しい」でもない、「おいしさ」が求められていました。それは「人生の味」のようなもので、そういうものをこのコピーはうまく言い表していました。 30年近くを経て思うのは、「人生はおいしいなぁ」ということです。 平日の午後、ヘアカットを終えて、246号線、宮益坂上を宮下公園へ。 インテリアショップ、バー、レストラン、それぞれに工夫をこらしたディスプレイ、メニューがあり、見ているだけで楽しくなります。 坂を下って交差点で待っていると、もういろんな人が通り過ぎていきます。 友達と笑っている人、おしゃれな人、何かを探している人・・・。 でも、どんな女性も美しいし、どんな男性もいいかんじです。 着ている服も、持ち物も、きっと考えていることも一人として同じではないけれど、 誰もがとってもイキイキしています。 そして上を見れば、夏の青空に白い雲が綿菓子のように浮かんでいます。 こうしたワンシーン、ワンシーンが、まるで僕たちの前に提供された料理のように、おいしく感じられるのです。 観察しているのではなく、そのシーンをよくかんで味わっている感覚です。 するとホントに楽しくなる。 このワンシーンは本当は幻かもしれないけれど、それでもそのシーンの登場人物として出演してくれてありがとう、美術さん、書き割りを作ってくれてありがとう、と言いたくなります。 街歩きは本当に楽しいです。 お仕事でお忙しい方も、ちょっと歩調を緩めてください。 信号が黄色になったら、渡らず、立ち止まって周りを眺めてください。 そこに見えるすべてのものは、偶然見えているわけではなく、あなたのための贈り物です。 その贈り物を受け取って楽しんでください。 「○○を引き寄せるぞ!」などと、大きなことを意図するのではなく、まずあなたの周りにどれだけたくさんの贈り物があるかに気づいてください。 [...]

現実化のモデル4:現実化の細部は宇宙にお任せ

By |2012年8月26日|引き寄せの法則|

  こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 「現実化・物質化のモデル」について書いていますが、飛び石のような記事なので、全体の流れが見えにくくなってしまっています。 なので、一度おさらいをしておきましょう。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 1 私たちの目の前には、経験可能な世界が、いわばフレームワーク(枠組み)として、多数存在している。 2 その世界では、固有の感情とシナリオが決まっている。 3 世界は波動として存在している(なので最初は目に見えない)。 4 フォーカスの力で一つの世界を選択すると、それが現実になる。物質化して目に見え、経験できるようになる。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● こんなところを確認しておいてください。 元の記事はここです。 現実化のモデル1:経験を決める「カメラのフォーカス」 現実化のモデル2:テレビに映る世界はアナザーワールド 現実化のモデル3:フォーカスで現実を選択できる深い理由 願いが叶う/叶わないというのは、実はこんなことを意識の力でやっているのです。 ■ では、今日のお話です。 フォーカスで世界を選択すると、そのあとはどうなるか、についてです。 かすかで、見えない波動の存在だった世界が、フォーカスすることで、物質化してきます。 それはちょうどこんな比喩を使うと伝わると思います。 すてきな家を建てることにしました。 まず最初は、「こんな家にしたい!」という、注文主のイメージ・思考がありますよね。 それを建築家に伝えて、具体的な建築プランが出来上がります。 建築家は設計図に落とし込みますが、そのとき、建築家のアタマのなかには、その姿はもうあるはずです。 [...]

現実化のモデル3:フォーカスで現実を選択できる深い理由

By |2012年8月24日|引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 暑い日が続いていますね。 いかがお過ごしでしょうか。 にしきは新しいことを始めようと密かに準備中。 設備も買いそろえています。 近々、どんなことをするのかアナウンスできると思いますので、 ご注目くださいね。 ■ もうご存じの方も多いのですが、にしき&よしこ本人が、「本当の自分と出会う2Daysワークショップ」を説明している動画です。感動作。ご覧になってください! ※ブログやHPをお持ちの方は、 http://youtu.be/0dPFQYoHHyoをよかったらリンクしてくださるとうれしいです。 http://www.youtube.com/watch?v=0dPFQYoHHyo&feature=g-upl には、「共有」のところにFacebookやtwitterのボタンがあるので、簡単にお友達と共有できますよ。ご存じでしたか? ちなみに、9月1日、2日のワークショップはまもなく満席ですが、あまりに反響があるので、 【12月1日、2日】 にも東京で再度開催することを決めました。 ご都合が合わなくて9月に行けなかった方は、予定を入れておいてくださいね。 ちなみに、大阪は11月10日、11日です。 ■ 経験を決める「カメラのフォーカス」やテレビに映る世界はアナザーワールドで、現実化のモデルについて書いています。実はまだ終わっていないのですが・・・。 たくさんの世界がある。そしてそのなかから、僕たちはフォーカスの力で、経験する世界を選んで、現実化させている。 そして、その仕組みを皆さんは知っている。 よくよく考えると、すごいことです。 なぜ、意識で世界を選択することができるのでしょうか? 本当にリアルなものがあるとしたら、そんなこと可能なのでしょうか? [...]

現実化のモデル2:テレビに映る世界はアナザーワールド

By |2012年8月17日|バシャール, 引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 経験を決める「カメラのフォーカス」の記事の続きです。 僕たちはフォーカス(意図)することで、経験する世界を選択し、「現実」を構成しているのでしたね。 つまり、僕たちの意識が「現実」を創っているのです。 これ、大事ですよね。 「現実」は一つのものではありません(だから、「現実」というとき、必ずかっこつきになります)。 僕たちが意味を与えたものが、「現実」です。 そして、意味は、僕たちの「ものの見方」(視点)に左右されます。 例えば会社からリストラされたとします。 それを「大変なことが起こった。これから、どうやって食べていこう・・・」というふうに恐れから見るか、「そうか、オレにはこの仕事じゃない仕事が待っているんだな。よし、ここは次の展開を考えるか。貯金もしばらくあるし」と希望で見るかで、出来事の意味がまったく変わります。 なので、実際には客観的な一つの出来事としての「リストラ」があったのではなく、「リストラ」と「次へのチャンス」があったと見るべきです。 ある人から見れば、リストラはなかったのです。 僕たちが「見方」を変えるとき、僕たちは現実の波の間をサーフィンしているのです。 あちらの波、こちらの波と、見方を変えるだけで、僕たちは現実を創造している。 意味を与えている。そしてそこには特有の波動と感情がある。 見方を変えることが、もう創造。 おもしろいですよね。 なので、「見方」を変える練習をしてください。 こんなふうにやってみます。 ある出来事を取り上げます。 それに対する一般的な見方は何かを探します。 次に、「ほかにどんな見方ができるか」と自分に聞いてみます。 バシャールがこんなワークを紹介していました。 今、見えているシーンがありますよね。例えば、机とか、ソファとか、家具とか。 そのうち、そのシーンのある部分をイメージのなかでちょっとだけ変えてみます。 [...]

現実化のモデル1:経験を決める「カメラのフォーカス」

By |2012年8月13日|引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 イメージしてください。 今、皆さんの目の前には、見えないけれど、たくさんの世界が空中に浮いています。 それぞれの世界は、丸い形だったり、立方体だったり、四角柱だったり、とげとげがいっぱいついている楕円の立体だったりします。 それぞれの世界にはおおまかな「シナリオ」があります。 丸い形だったら・・・「仕事は順調、十分な収入を得て、人間関係に恵まれ、愛する人と助け合うパートナーシップをはぐくむ」と書いてあります。 立方体だったら、「仕事はすごく忙しくて、収入はあるけれどとてもストレスフル。会社の人間関係も心休まるときがなく、家に帰ればパートナーとケンカが絶えない」とあります。 四角柱は「なかなか定職に就けず、アルバイトでしのぐ。毎日がカツカツの生活。カップルを見るとうらやましく思うだけで、家に帰ったらすぐ寝るだけ」と書いてあります。 とげとげつきの楕円は、「やることなすことうまくいかず、人生を投げ出したくなる」とあります。 そのほかにも、無数のバリエーションの世界が目の前にぷかぷか浮いています。 そんな状態をイメージしてください。 その世界にはそれぞれ固有の波動があります。 固有の感情といってもいいものです。 イメージできますか? この世界のうち、今あなたが経験している「現実」は、ハイライト表示され明るく光っています。 僕たちが経験している「現実」の仕組みは、こんなかんじになっています。 そして僕たちは好みの「現実」を選択することで、経験することができます。 そのための方法が「焦点を合わせること」(フォーカス、意図)。 カメラで写真を撮るように、ある現実にレンズを向け、焦点を合わせます。 カメラのピントのように、僕たちはフォーカスの力で「現実」を選択するんです。 フォーカスは、あなたの波動をその「現実」に合わせることで行います。 つまりその「現実」に特徴的な感情を感じることで、フォーカスするのです。 僕たちはこのフォーカスを意識的・無意識的にいつもやっています。 カメラで写真を撮るときは、注意して意識的にピントを合わせたりしますよね? 「現実」の経験も同じことで、注意しないとピンぼけになります。 [...]

成功者は料理をする!?

By |2012年8月3日|引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 まもなく、8月18日の東京・引き寄せセミナー「お金のブロックを外す」をご案内します。 楽しみにお待ちくださいね。 また、8月末発売の河合政美(とんとん)さんの新刊『幸せを呼ぶ自愛メソッド』のAmazonキャンペーンに応募すると、とんとんさんとにしきの対談音源をプレゼント! 後日ご案内しますので、これもお楽しみに。 ■ ボブ・ドイルの『もう悩まない!「引き寄せの法則」』は、もう読んだ? 「久しぶりのまっとうな引き寄せ本」。 内容は非常に簡潔でありながら、ポイントをしっかり押さえているんだよ。 お勧めだね。 本当におもしろくて読むべき本なので、また紹介するね。 もう悩まない!「引き寄せの法則」 ボブ・ドイル 住友 進訳 1680円 四六判 上製 264p ISBN 978-4797365207 ソフトバンク クリエイティブ 発売中 著者のボル・ドイルは、にしきの考え方と驚くほど似ているんだ。 全体的な考えとしては、 1.自分の波動に共鳴した出来事が起こる [...]

ほかの記事