Monthly Archives: 7月 2012

//7月

「行動しなきゃ」と言われて沈んだかなぼんさんへ

By |2012年7月31日|引き寄せの法則|

大阪のかなぼんさんへ コメントありがとう。にしきです。 お友達から「行動しなきゃ」って言われちゃったんだね。 悪気はないのだろうけれど、かなぼんさんにはいらないアドバイスだったみたい。 お友達も、波動のことは知らないのだろうから、それは仕方がないね。 波動を上げて、願望の波動と自分の波動を一致させようとしているのが「待っている」ように外からは見えてしまうんだよね。 それこそが一番大切な仕事なのに。 お友達のなかでは「待つ」か「行動する」か、どちらかしかないわけだね。 でもかなぼんさんは知っているはず。 一番大切なのは、感情を感じることだと。 それは言い換えると、無条件の愛であるソースの波動に共振することだと。 それは、自分を愛することだと。 そしてそれがパワーで、最適の相手をかなぼんさんのところに引き寄せると。 よく、「引き寄せに行動は必要か、不要か」という議論があるけれど、それはポイントを外している質問だと思うんだよ。 行動は物質世界を楽しむ方法なので、それはきっとある。 でも、結婚相談所に登録することが行動ではないかもね(笑)。 行動には2つのパターンがあると思うよ。 一つが「闇雲な行動」。「行動しなくちゃ何も変わらない」とお友達が言うときは、こちらだね。 そして、「行動しなきゃダメだよ」という言葉の波動を感じてみると・・・ 「焦り」「恐れ」「不安」「欠乏」「緊張」「制限」・・・ こんなものを感じるな。この波動で行っちゃうと、願いは実現しないよね。 なぜって、ヴォルテックスの外にいる波動だから。 もう一つの行動が「インスピレーションに基づく行動」。 いい気分でいるときに訪れるもので、「なんとなく・・・したい」というようなものがそれ。 行動で大事なのはこっちなんだ。 [...]

願いを叶えた人がやっている、たった一つのこと

By |2012年7月30日|引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 願望を叶える人と、そうでない人。 どこに違いがあるんだろうね。 わかる? いろいろ違いがあるんだろうけど、一番大きな違いはなんだろう? それは、願いを叶えた人は、 自分の願望に焦点を合わせ、願望を実現した感情を感じて、いい気分になっている、ということ。 感情。 これを感じることが、願いを叶えるうえで一番大切なことなんだ。 たくさんのお金を持っているときの、何者にも束縛されない「安心感」。 パートナーと一緒に過ごすときの、「温かい愛情に満ちた気持ち」。 健康を維持しているときの、何でもできる「力強さ」、自分に対する「信頼感」。 願望を叶えたいなら、こういった感情を頻繁に感じてみるといいよ。 「どうやってお金を貯めるか」「どうやって出会うか」「どうやって健康になるか」は、(ひとまず)考えなくていいんだ。 願いを実現するための具体論を考えるのは、宇宙の仕事(意外かな?)。 キミは、願いが実現したときの「感情」を感じているだけでいいんだ。 その感情を感じて、いい気分になる。ポジティブな感情を味わう。 ただそれだけ。 「どうやってお金を稼ごうか、何を売ろうか」とか、「どうやってすてきな人に出会ったらいい? 周りにいい人がいないのに」などと、アマタでジャッジしないで。 詳細を考えるから、せっかく願って、その現実が波動としてあるのに、それを壊してしまう。 まずは、願望が実現した感情を味わおう。それを楽しむんかんじで。 楽しんでいるとき、キミは大いなる存在につながる。 それをソース(源)とよぶ。 すると、ソースからインスピレーションがキミに届く。 それを受け取って従えば、いいんだ。 [...]

すべては必然。このまま行こう

By |2012年7月21日|委ねる|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 昨日、『引き寄せの法則で願いをかなえる12のポイント』というPDF小冊子の無料プレゼントを始めました。 おかげさまで、たくさんの方からご請求いただきました。 まだの方は、こちらからどうぞ。 http://www.attraction-method.com/present-hikiyose/ PDFを読める携帯はこちらから。 http://www.attraction-method.com/present-hikiyose/keitai/ これまでブログを読むだけだった方が「ありがとう」とコメントしてくださったのも、にしきはとってもうれしいです。 ぜひ、いろいろ僕らにかかわってください。 きっと、今よりさらにいいかんじになっていきますよ。 今後も、「インナーチャイルド/マジカルチャイルド・無料メールセミナー」「無料・誘導瞑想音源」などいろいろオファーが続きます。 皆さんの成長のいい機会になると思いますので、ぜひ活用してください。 『引き寄せの法則で願いをかなえる12のポイント』をご請求いただいた方には、こういう情報もメールでもれなくお伝えできるようになります。 なので、『引き寄せの法則で願いをかなえる12のポイント』をぜひゲットしておいてくださいね。 http://www.attraction-method.com/present-hikiyose/ ■ そのときのコメントを見て思ったのは、 「皆さん、成長しているな~、うまくやってるな~」 ということです。 「昔わからなかったことが、理解できるようになった」という長年の読者の方。 「いろんなことを言う人もいるけれど、これでいいんだと思えた」という実践者の方。 他方で、「塞ぎ込んだ気持ちが軽くなった」という方もいるし、現状に満足できなくて、恨みに思っている方もいます。 正直な気持ちを書いてくださって、ありがとうございます。 この小冊子で、自分の実践が正しいと思えた方。 いいですね~ [...]

叶う願いの特徴は?

By |2012年7月20日|引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 「引き寄せの法則」を知った今でも、願い、願望はミステリアスです。 今日は個人的な話をしましょう。 小さなこと、つまり自分にとって抵抗を感じない出来事は叶いやすいといいますが、僕自身の過去を振り返ってみると、自分の人生を変えるような大きな出来事を叶えてきました。 出版社に就職したこと 若くして雑誌を創刊したこと また書籍編集に戻ったこと 都心にマンションを買ったこと 独立起業したこと 最近ではサンチアゴ巡礼に40日強も行ってこられたのは、準備もしましたが、非常にラッキーでした。 「実現したい・・・」と思った大きなことは、意外と実現した実感があります。 もちろんそうは運ばなかった願望もあります。 違いはどこにあるかというと、「どれだけその願望が自分本来のものだったか」にあるように感じています。 「自分にどれだけしっくりくるか」「情熱を注げるか」「行動へ移せるか」 なぜかわからないけれど、バスクやサンチアゴ巡礼に興味を持った。 でも、その願望を忘れることなく持ち続けた。 そして、そのために・・・というわけではないのですが、結果としては行動も願望実現の方向へ向いていました。 会社を退職して自分のビジネスを立ち上げ、その準備のもと、サンチアゴ巡礼へと旅立ちました。 しかも徒歩で800キロですよ・・・物好きですよね。 なぜそこでまでして巡礼に旅立ったのか、いろいろ言えるけれど、最後の最後は「よくわからない」「なんとなく」というのが正直なところです。 明確な理由が思いつかないのです。 にもかかわらず、情熱を持ち続けた。 おもしろいですよね。 これは「僕の願望」といよりは、「ハイヤーセルフ、宇宙の願望」がインスピレーションとして届いたのではないかと思っています。 だから「よく理由はわからないけど・・・」ということになるのです。 [...]

「気づき」で「既にある波動」へ!

By |2012年7月17日|引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 「自分が経験する出来事は、自分の波動に従っている」。 だから、自分の望む現実を経験するために、波動を改善する。 「引き寄せの法則」の実践では、これが最も重要なことです。 波動を高めるために必要なのが、広い意味での「気づき」です。 ここでは、「望みを叶える」「望む現実を体験する」ことを念頭に置いて説明します。 しかし、願望実現は人生の目的ではありません(あなたが成長することが大切です)。 なので、「望みを叶えるために」と言う場合、それは説明のための一種の方便だと思ってくださいね。 さて、望む現実を体験するには、あなたの出す波動がその現実の波動と一致している必要があります。 しかも、あなたがその現実を体験する前に。 つまり、「まだ物質的な現実としては経験していないけれど、感情としてその現実を超リアルに味わっていて、疑うことなく、まさに体験しているとしか言いようがない」状態である必要があります。 ビジュアライズしていたら、あまりにリアルすぎて、どちらが「現実」かわからなくなった・・・なんてことになれば、大成功ですね♪ 「既に実現したかのように」とか、「アファメーション(肯定的な宣言文)を書くときは未来形ではなく、過去形で」(「パートナーが欲しい」ではなく、「パートナーが既にいて楽しい」)などと言うのは、この原則に沿っています。 もちろんこの指摘は正しいです。 でも、「既に実現したかのように」ビジュアライズしたり、アファメーションにしたりしても、なかなか実現しないのが本当ではないでしょうか。 あるいは、うまくいくことがあっても、特定のテーマはうまくいかない、など。 その実践方法に問題があるのでしょうか? 実はそうではありません。 「引き寄せの法則」を実践するとき、  実践方法×あなた自身の信念体系=実践結果 という、いわば掛け算をやっているからです。 あなた自身の信念体系に 「・・・だったらいいな。でも、私にできっこないよね」とか 「・・・したい。でも、家族のめんどうはどうする?」だとか 「目立ってはいけない。人並みがいい」などという信念があり、 [...]

ほかの記事