皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

何かに自分を委ねようとするとき、聞こえる声があります。

「自分じゃない何かに委ねてどうなる? これまで生きてこられたのは、自分で自分を守ってきたからだろう? 委ねたところで、天からパンが降ってくるっていうのか。やめとけ、やめとけ」

そして、コントロールの道に戻っていきます。
何かから自分を守ろうとします。
緊張してストレスを抱えて生きていきます。

でも、「コントロール」って、自分のなかにある将来への不安の表現なんだよね。

何か信頼できない。
一番信頼できないのは他人じゃなくて、「自分」なのかもしれない。

そういうとき、人はコントロールしようとするのかもしれません。
コントロールしようとするとき、その根源には「恐れ」や「不足」があります。

「わたしはありのままでは愛されない・・・だから外見をよく見せないといけない」
「貧困が恐ろしい。だから大金を持っていないと不安」
「周りとうまく関係を取り結べない。だから、周りの人は○○であるべきだ」

その結果は明らか。
望むものは得られませんよね。波動的に違いすぎます。
でも、多くの人がこれを引き寄せだと思って、やっています。

恐れや不安ではうまくいかない。
もとをただせば、それは「委ねたらうまくいかない」という「信頼の欠如」が原因です。

そうか、わかった!
逆の発想だ。

「委ねてもちゃんとうまくいく」

そう思えて何かを信頼したとき、自分を本当に信頼したとき、「うまくいく」と理由もないのに心の底からそう思えたとき、恐れや不足はありません。

恐れや不安がなければ、波動はなんでも簡単に一致します。
望むものを引き寄せることができます。
同時にそれへの執着もありません。
すべてを委ねちゃっています。

そうか、やっぱり委ねるしかないんだね。

そんな話を直近では、

2月25日(土)大阪引き寄せセミナー「スピリットに委ねる」
http://www.rakuenlife.com/hikiyose12.html
3月9日(金)東京・文京シビックセンター小ホール
http://www.attraction-method.com/truth/

でやります。

いらしてくださいね。