皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。

仙台の奥座敷、秋保温泉に来ています。
家族みずいらずの時間を楽しんでいます。
ネットワーク環境がよくないので、記事・コメントアップなど、ご了承くださいね。


「スピリットに委ねる」について書き続けています。

スピリットに委ねられるとき、価値観が大きく変わります。

他人に「いいね」と言ってもらえる生き方から、自分の「いいね」に従う生き方に変わります。

ときには天命のために、他人の非難も甘んじて受け入れる・・・そんな生き方・価値観に変わってきます。

この価値観の変化が起こるとき、スピリットに委ねています。

これまで三次元世界で生きていた僕たちは、他人から自分の正しさ・すごさを認めてほしくて行動していました。
自分のやっていること、考えていることに、「いいね」と言ってもらいたい。
そして、「いいね」と言ってもらえると安心する。
まるでFacebookみたいに他人の評価で生きていました。

言い換えると、善悪や正邪といった世間の基準に合わせて生きていたのです。
多くの人に認められることが、自分が正しい道を歩んでいると感じる理由だったのです。

これは三次元の世界での価値観です。

ところが、人がスピリットに委ねるとき、しばしば世間の価値観と衝突することを選ばざるを得なくなります。

長年連れ添ったパートナー、昔からの友人、仲間と袂を分かつ必要があると感じるかもしれません。

病床の親を誰かに任せて、旅立たなくてはならないかもしれません。

子どもの大切な行事でも、自分の活動のために出席できないかもしれません。

三次元的に考えたら、そういうことはしないほうがいい。
非難される。
そういう状況に立たされるかもしれません。

ここで、「非難されるのは嫌だから」と「安全」な三次元世界の価値観に従うか。
「それでもやるんだ」と、スピリットに委ねるか。

ここが分かれ目です。

その出来事を起こるとき、選択の基準は、世間の価値観、常識、打算・・・などではありません。

そういった外部のものでは判断できない、「あなたがこの世界で何をするかという使命」に関係します。
スピリットに従い、使命に生きていると、外部の基準ではなく、僕たちの内部の基準、つまり「スピリットの声」で判断するしかない場面がやってきます。

「スピリットの声」は僕たちの世界が三次元ばかりではないことを伝えようとします。
それはしばしば、三次元的関係を壊すことで、次のステージに上っていこうとします。

三次元的関係を壊すことは、三次元に生きる人たちにとって脅威です。
だから非難されます。

あなたは今、三次元的な関係を壊すことができますか?

「絶対したくない」という方は、このブログは読まないほうがいいですね。

しかし、自らの使命を果たすために、あえて三次元的関係から抜け出る決心をした人には、宇宙からの大きな祝福があるでしょう。

この決心をして、スピリットに従うとき、あなたは生まれてきた目的である使命を果たすことができます。

どうですか、それでもスピリットに従いますか?
それともエゴの世界に戻りますか?

今葛藤している人がいるなら、にしきからのアドバイスは、「ただスピリットの声を聞いてください」というものです。

エゴの声の先に、幸せはありません。
あなたを突き動かしてやまないスピリットの声。
それだけがあなたが信頼できるものです。
それに従ってください。
スピリットにつながれば、三次元的な非難には負けません。

僕たちは「常識」という既製品で生きる人間ではありません。
僕たちは、これ一回のスピリットという脈動で生きているのです。

あなたのスピリットの声を聞いてください。
自分の「いいね」に従ってください。
それだけが、今、確かなことです。

PS. 宿泊した宿で、なぜか「錦織中学校同窓」が開催されていました(錦織はにしきの本名)。
宇宙はこうしたシンクロの形で、秋保温泉に来たことが正しいと、確証を与えてくれます。