Monthly Archives: 11月 2011

//11月

無条件の愛を注ぐ

By |2011年11月30日|インナーチャイルド|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 インナーチャイルドを癒す過程は、無条件の愛を知り、実践する過程でもあります。 無条件の愛は、宇宙の愛です。 ソース、内なる存在、ハイヤーセルフetc.は、あなたが何をしようといつもあなたをサポートし、愛情を送っています。 「いいこと」をしようが、「悪いこと」をしようが、あなたを愛している。 いや、行動は関係ない。 ただただ、あなたを愛している。 それが無条件の愛です。 無条件の愛って、なんだか別世界の話のようですよね。 わたしたちは、「いいことをしたら愛され、悪いことをしたら愛されない」と教わってきました。 「好きな人と嫌いな人がいるのは当然」 と思ってきました。 その一方で、自分自身については「ありのままの自分を認めて愛してほしい」と多くの人が叫んでいます。 「自分は無条件に愛してほしい」 でも 「相手は条件付きでしか愛さない」 というのが現状ではないでしょうか。 これではうまくいかないですよね。 条件付きで相手を愛しているから、自分も条件付きでしか愛されない。 そういうものです。 無条件の愛は、相手のコントロールをやめることです。 自分のコントロールもやめることです ありのままの相手を受け入れることです。 そして、ありのままの自分もOKとすることです。 「I [...]

否定的なことは考えちゃいけない?

By |2011年11月29日|インナーチャイルド|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 今日も来てくださって、ありがとう。 新しいブログは新鮮なものです。 ブログのエディターや仕組みまで変わっています。 新たな気持ちで書いていけそうです。 さて、ひとつお知らせです。 現在発売中の雑誌『Star People』Vol.39(1575円、ナチュラルスピリット)に にしきのインタビューが掲載されています。   堂々4pで、「アセンションの橋渡しとしての引き寄せの法則」について語りました。 「引き寄せの法則」の実践を通じた意識のシフト=アセンションについて、おもしろい話をしていますよ。 ほかにも、レナード・ジェイコブソンさん×阿部敏郎さんの覚醒対談、雲黒斎さん、穴口恵子さん、アラン・コーエンさん、香咲弥須子さんなど知り合いばかりが掲載されていて、にしき的にもうれしい内容。 アセンション、時間の消滅、シータヒーリング、五日市剛さん、ケルト妖精聖地ツアーなどなど、盛りだくさんでお買い得です。 ぜひご購入くださいね。 ↓ クリックするとAmazonに移動します ↓ ■ にしきの引き寄せの法則、アトラクション・メソッドでは、自分のなかの否定性にも目を向け、それと直面し、クリアして自由になろうとします。 「引き寄せの法則」を知って起こる勘違いにこういうのがあります。 「否定的なことを考えてはいけない」 確かにエイブラハム流では、願望に顕在意識で焦点を当てることで自分の支配的な波動をいまこの一瞬にポジティブなものにできます。 それは確かで、正解のやり方です。 ところが、人間には潜在意識があります。 そこに人は否定的な体験をしまいこんでいます。 なぜなら、それを白日のもとにさらすのは自分にとってつらいことだからです。 [...]

素晴らしき者よ、にしきのブログへようこそ

By |2011年11月28日|ブログ, 引き寄せの法則|

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。 2007年10月から書き続けてきた「引き寄せの法則公式ブログ」。 エイブラハムの3つの角の大切な一角を占めていたジェリー・ヒックスさんが非物質世界にお戻りになったことで、新しい時代の始まりを感じ、自らのブログを立ち上げました。 タイトルは「Attraction Method」。 エイブラハム流の「引き寄せの法則」をベースとしていますが、 それだけではありません。 願いを叶えていくためには、「引き寄せの法則」で願望を打ち上げるような 「アクセル」を踏む作業と、願いの実現を止める「ブレーキ」を緩める 2つの作業を行うのが効果的です。 ブレーキを緩めるためには、不安や恐れ、制限のもととなっている 「誤った信念」、破壊的周波数を取り除くことが大切です。 そのためのツールとして、インナーチャイルドワークや、 ヒーリングコードの実践があります。 これまでたくさんの方とお会いしてきて、願いが叶わない方の ほとんどが、実は心の底では自分の願いにYESと言っていないことがわかりました。 自分でブレーキを踏み込んでいたら、願いが叶わないのは当たり前。 ですから、まずは自分のなかに根深く潜んでいる否定性をいったん クリアしちゃいましょう。 それと同時に、「引き寄せの法則」の実践でアクセルを踏みます。 しかし、この実践も「願えば叶う」という単純なものではなく、 ソースとつながり、ソースに自分を委ねていくプロセスが必要です。 それはある意味、エゴにとっては恐ろしいプロセスです。 そのエゴの抵抗に負けずに、どう委ねるか。これも問題です。 このブログでは、こうした観点から、いろいろなテーマを扱います。 [...]

ほかの記事